礼拝説教の要約 2021年

2021.12.26 久保量生師
「キリストの再臨を待ち望む」 第2ペテロ3:1~13

 クリスマスはイエス・キリストが私たち人間を罪から救うために人間として誕生されたことを祝う日でありますがイエス様は天に帰る前に「私は天に帰った後に私たち人間のみならず、すべてのものを新しくし万物を贖うためにもう一度、この世界に戻ってくる」と約束されました。それがキリストの再臨であります。そしてキリストはやがて将来、地上の悪を滅ぼし完全な救いを与えて下さるのです。そして世々の聖徒たちは罪なき滅びることのない栄光のからだに復活し、永遠に生きる者として下さるのです。
 そのような素晴らしい未来が約束されている私たちクリスチャンはキリストの再臨を心から待ち望みながら信仰生活に励む者でありたいと願います。
ペテロはそのために心掛けることを教えています。第一に11節にあるように「神の日の到来(再臨)を熱心に待ち望む」者となることです。主の祈りの中に「御国がきますように」とありますが、それはまさに主イエスの再臨がきますようにとの祈りであるのです。第二に12節にあるように、きよく信心深い行いをすることです。罪の告白ときよめを頂いてしみも傷もない正しい生活に励みましょう。  第三に15節にあるように主の寛容は救いのためであることを覚えてしっかりとキリストの福音を家族や友人等に宣べ伝えて救いに導いていくことです。第四に18節にあるように「救主イエス・キリストの恵みと知識とにおいてますます豊かになる」ために努力することです。私たちはキリストの花嫁として主の再臨を待ち望みつつ、主のしもべとしてキリストの恵みと霊的知識を深め、キリストの愛に満たされて家族や隣人に仕えていきましょう。



2021.12.19 伊藤仁師
「共におられる神」 マタイ1:18~25

「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。
 その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。
これは、「神われらと共にいますという意味である。マタイ1章23節


2021.12.12 久保量生師
「処女マリヤの賛歌」 ルカ1:39~56

 神様は救い主イエス様を地上に送るために一人の女性を選ばれました。その女性がナザレの町に住んでいた処女マリヤでありました。ある時、天使ガブリエルがマリヤに現れて「恵まれた女よ、おめでとう、主があなたと共におられます。あなたはみごもって男の子を産むでしょう。その名をイエスと名づけなさい。」と告げたのです。マリヤは驚きましたが信じて「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように。」と応答したのでした。そしてマリヤは親戚のエリザベスの所に行きそのことを告げるとエリサベツからも祝福の言葉を頂いたのでした。
「主のお語りになったことが必ず成就すると信じた女は、なんと幸いなことでしょう。」と言われたマリヤは喜びと確信をもって神への賛歌を語っていくのでした。大変美しく素晴らしい内容の賛歌であります。「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救主なる神をたたえます。」という賛美の言葉から始まり、力強く憐れみ深くきよく正しい神様を心からほめたたえるのであります。
さてこのマリヤ賛歌から神の祝福に与る人はどのような人であるかが教えられます。それは第一に、謙遜で心を低くする人であります。マリヤは48節で「この卑しい女さえ心にかけてくださいました。」と言っています。マリヤは心を低くする謙遜な女性でした。イエス様も謙遜な人で「心の貧しい(謙遜)な人は幸いである。天国は彼らのものである。」と教えられました。第二に、マリヤのように神を心から信じ敬う人であります。第三に、神の祝福に与る人は熱心に神様を慕い求める人であります。イエス様は「神の国と神の義をまず第一に求めなさい。」と教えられました。私達も神を信じ謙遜に従うと祝福されます。



2021.12.05 久保量生師
「キリスト降誕の預言」 イザヤ7:1~14


 イザヤ書にはイエス・キリストに関する預言が多く記されています。本日は待降節でありますのでイザヤ書7章14節を読みますと「見よ、処女が身ごもっている。そして男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。」(新改訳)と記されているのです。そしてこの預言の言葉が約700年後に成就したのです。マタイの福音書1章22節、23節にそのことが明確に記されています。インマヌエルとは、「神が私たちと共におられる」という意味です。神は旧約聖書の中で信仰深い人と共にいて下さいました。神は箱舟を造ったノアと共におられました。信仰の父と呼ばれたアブラハムと共におられました。エジプトで活躍したヨセフやモーセと共におられました。ダビデ王やソロモン王と共におられました。そして新約の時代のキリストの弟子たちと共におられました。イエス・キリストご自身がインマヌエルの神の御子であり救い主なのです。私たちはキリストを救い主として信じて神の子どもとされ神と共に生きる者とされているのです。さてイザヤ書7章を読みますと当時の南ユダ王国は北イスラエルとスリヤ連合軍に攻撃されて極めて危険な状態でした。南ユダのアハズ王も民も恐れをなしていました。このような危機的な状況の中で神は預言者イザヤをアハズ王のもとに遣わし「恐れてはならない。心を弱くしてはならない。この事は決して行われない。また起こることはない。」と励ますのでした。そしてイザヤはユダ族の中から素晴らしいメシヤが生まれると預言するのです。それが14節です。「見よ、処女がみごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと唱えられる。」このインマヌエルの御方が救い主イエス・キリストです。



2021.11.28 久保量生師
「わが魂よ、主をほめよ」 詩篇103篇

 この詩篇はバビロン捕囚期以後に書かれた詩篇であってイスラエルの民が神への感謝と賛美を心から献げるようにと勧めています。本詩篇の中心は3節から19節であって主なる神は私たちの罪を赦しすべての病をいやし死から贖い恵みと憐れみを与え良き物をもってあなたを満たし元気を与えて下さること、すべてしいたげられる者のために正義と公正を行って下さることを覚えて主をほめよと勧めます。8節では、主はあわれみに富み、めぐみ深く、怒ること遅く、いつくしみ豊かであられると主をほめたたえるのです。そして著者はさらに深く神の祝福に与るために心掛けるべきことについて述べていきます。
第一は、主なる神様を大切にし恐れ敬う生活をしていくことです。13節に「父がその子どもをあわれむように主はおのれを恐れる者をあわれまれる。」とありますし17節に「しかし主のいつくしみは、とこしえからとこしえまで主を恐れる者の上にあり」と記されています。神様を敬う敬虔な生き方をしていきたいものです。
第二は、神様のみことば、その教えをしっかりと守り行う生活をしていくことです。主の恵みは主の契約を守りその命令を心にとめて行う者に及ぶと約束されています。(18節)そして「そのみ言葉の声を聞いて、これを行う勇士たちよ。」とあります。(20節)私たちも毎日、神の真理の書物である聖書を熟読しみことばを行う人になりましょう。必ず祝福されていきます。
第三は、いつも神様にほめ歌を歌い心から主に賛美を献げていくことです。主に感謝をもって恵みを数えながら心からの賛美を献げていきましょう。パウロの教えにあるようにいつも喜び絶えず祈りすべての事を感謝しましょう。



2021.11.21 久保量生師
「我らの国籍は天にある」 ピリピ3:13~21

 今年も天に召された兄弟姉妹を覚えて記念する召天者記念礼拝を献げる時を迎えました。召天者の方々が天国で愛と喜びと平安の内に過ごされていることを覚えて感謝しましょう。また私たちもやがて天に召される時がきますので忠実な信仰生活に励みたいと思います。使徒パウロは「目標を目ざして走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。」と述べていますが、私たちも天国に行った時に神様から多くの報いと祝福を頂けるように日々の生活において信仰と愛の行いに励みたいと思います。そして天国に行く希望をもって救い主イエス・キリストの再臨を待ち望みましょう。
私たちはキリストの十字架の贖罪によって罪が赦され、キリストの復活を通して永遠の生命に与りキリストの再臨によって栄光のからだによみがえるのであります。ですからパウロは「救い主、主イエス・キリストのこられるのを私たちは待ち望んでいる。」と強調しているのです。すなわち、キリストの再臨なくして私たちの救いの完成はないのです。キリストが再臨される時に世々の聖徒たちも地上にいた聖徒たちも永遠に滅びない栄光のからだに変えられるのです。パウロはそのことを信じ期待しつつ確信をもって次のように語ります。「彼(キリスト)は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。」私たちも使徒パウロに見倣い、栄光に輝く復活のからだによみがえることを望みながら、残されている人生を信仰と希望と愛をもって神様に忠実に従っていきましょう。「我らの国籍は天にあり!」と告白しつつ。

2021.11.14 久保量生師
「信仰継承のために」 申命記6:1~9

 本日はファミリー礼拝ですので、家族みんながイエス様を信じて救われ、信仰が継承されていくためにどうしたら良いのかということについてお話します。第一に家族が救われるために毎日、熱心に祈ることが大切です。あきらめないで祈り続けることです。第二に家族を大切にして神の愛をもって接していくこと、仕えていくことです。仲良くしていくことです。第三に家族みんなで家庭礼拝をすることです。共に集まり神を賛美し祈り聖書を読んでいくのです。家庭を小さな教会と考えて短い時間であっても毎日、継続していくことです。このようにして神第一の敬虔な家庭を築いていくことが信仰の継承には欠かせないのです。
 今日のみ言葉である申命記6章5節には「あなたは心を尽くし、精神をつくし、力を尽くして、あなたの神、主を愛さなければならない。」と記されていますが、それは具体的に言うと神の言葉、神の教えを愛することです。そしてその教えをよく聞いて守り行うことなのです。6章6節から記されているみことば、すなわち神が命じる教えを心に留め、努めてこれをあなたの子らに教え、家にいる時も道を歩く時も、寝る時も、起きる時も、絶えず語らなければならない。またあなたの家の入口の柱と門とに書き記しなさいと命じているのです。神を愛するとは神のみことばを愛することとみことばに従うことなのです。
 イエス様は律法の中で一番、大切な戒めは心から神を愛することだと教えましたが同時に、自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよとの教えも同様に大切であると教えています。私たちにとって最も身近な隣人とは誰ですか?それは私たちの家族です。家族を愛し祈り救いに導いていきましょう。



2021.11.7 久保量生師
「クリスチャンとして生きる」 第一ペテロ2:1~10

 聖書は私たちがクリスチャンとしてどのように生きれば良いのかという事について、具体的に教えて下さっています。まずはと私たちが神に喜ばれないものを捨てていくことです。ここでは、あらゆる悪意、偽り、偽善、妬み、悪口を捨てるようにペテロが勧めています。そして私たちクリスチャンに必要不可欠な霊的栄養素である霊の乳である神のみことばを慕い求めなさいと勧めているのです。すなわち、神の真理と救いについて教えている聖書を毎日熱心に読み、味わい生活の中で実行していくようにと勧めているのです。また神様の前に熱心に祈り神様と深く交わっていくことも大切です。祈りは神様との親しい会話であり交わりです。絶えず祈っていく習慣をつけていきましょう。主の祈りを模範とし神第一の祈りに励んでいきましょう。
 そして教会生活を大切にすることも重要です。ペテロは「主のみもとにきて、あなたがたも、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられなさい。」と勧めているのです。ここで言う霊の家とは教会のことです。私たちクリスチャンは教会に集って共に主へ礼拝を献げ、主にある兄弟姉妹と愛と信仰の交わりをし励まし合うのです。また各自の賜物を用いて奉仕に励むのです。
さらにペテロはあなたがたクリスチャンは「神から選ばれた王なる祭司であり、きよい民として神のものとされた人たちです。それは暗やみから驚くべきみ光に招き入れて下さったキリストの救いのみわざを、あなたがたが語り伝えるためである。」と明確に教えているのです。クリスチャンは、イエス様の十字架の贖罪によって罪から救われた者として、この素晴らしい救いを心から感謝し、周りの人たちにキリストの喜びの福音を宣べ伝えていくのです。



2021.10.31 久保量生師
「ルターによる宗教改革」 ローマ3:21~31

マルチン・ルターが宗教改革を始めたのが1517年10月31日のことでした。その頃、ルターはドイツのビッテンベルク大学で聖書を教えていたのですが、当時のカトリック教会は煉獄の苦しみから解放されるために免罪符を買うようにと勧め販売し、多額の収入を得ていました。この教えに疑問をもったルターは教会に公開質問状を書いて問題提起したのです。そして、このことが発端となって教会内の宗教改革運動が広がっていくことになるのでした。
 ルターが行った宗教改革運動の強調点は3つあります。
第一は、聖書のみを信仰と生活の唯一の基準としたことです。当時のカトリック教会が教会の権威を強調していたのに対して、ルターは聖書の権威を強調し聖書こそ唯一で絶対の基準としたのです。
第二は、信仰義認の教えを強調したことです。ルターはパウロの手紙を研究していく中で、カトリック教会が救いは
信仰と良き行いにより与えられると教えていたのに反対し
救いは行いによらず、信仰のみによって与えられると説いたのです。神の救いは行いや努力によるのではなく、キリストの十字架の贖罪を信じることによって与えられると教えたのです。
第三は、万人祭司の教えを強調したことです。カトリック
教会の教えでは聖職者と信徒には大きな格差があったのですが、ルターはペテロの手紙にあるようにすべての信者は
祭司であり祭司の働きに召されていると教えたのです。
祭司の働きとは、神と人の仲介者となり、とりなしをすることです。隣人のために祝福を祈りとりなすことです。つまり祭司の働きとは神と人との間に立って橋を架ける事なのです。私達も宗教改革の理念に従って生活しましょう。



2021.10.24久保量生師
「聖書の神様の愛は完全です」 ヨハネ3:16~21

 私たちがまことの神様を知る方法は2つあると言われます。第一の方法は大自然を観察することによって知ることができるのです。日本には美しい自然が一杯ありますね。山々があり海もあり四季折々の美しい花々があります。私は北海道に旅行に行った時にスケールの大きい大自然に感動しましたし、アメリカやスイスに行った時もスケールの大きい大自然に触れて感動しました。自然科学者たちも自然界の素晴らしさに出会って神の存在を認め信じるようになった方が多くおられます。聖書は「はじめに神は天と地とを創造された。」と記し、神が万物を創造したことを教えているのです。太陽も地球も星も神が造られたのです。
さて神を知るもう一つの方法は神の啓示によって記され神の真理について教えている聖書を学ぶことであります。私たちは聖書が教えているまことの神についての情報を正しく理解して受け入れ信じることにより神様を知ることができるのです。聖書の教える真の神様は唯一であり天地万物の創造者であり統治されている御方です。霊なる御方であり、その栄光、力、知恵、聖さ、義、愛に満ちている御方であります。完全かつ永遠に生きたもう御方です。私たち人間を心から愛して下さり助け守って下さる御方です。「神は実に、そのひとり子(キリスト)をお与えになったほどに世(人間)を愛された。それは御子を信じる者が一人として滅びることなく、永遠の命を持つためである。」と聖書は約束しています。神様は私たち人間を深く愛されすべての人の罪が赦されて永遠のいのちを頂き天国へ行けるようにキリストを遣わしキリストを十字架につけて私たちの罪を贖って下さったのです。主を信じる者は救われます。



2021.10.17久保量生師
「主イエスが教えた祈り」 マタイ6:5~15

 山上の説教の中でイエス様が祈りについて教えられたことがいくつかあります。第一のことは偽善者たちのように人に見せびらかすような祈りをしないということでした。彼らは人々からの賞賛をもらうために偽善的な祈りをしていたのです。第二のことは自分の部屋にはいり神様と二人だけになって集中して祈りなさいということでした。私たちも祈るための部屋を定め定期的に祈っていきましょう。そうすれば神は祈りに応えて下さいます。第三のことは同じ言葉をくり返しくどくどと祈ることはやめるということです。同じ内容の言葉をくり返し唱えても意味がないからです。神様は1回だけで覚えていて下さいます。第四は神様は私たちの必要をご存知であるので安心して祈り求めることです。神様は全知全能の神であられ、私たちに必要なものは備えて下さると信じて祈っていきましょう。
 そしてイエス様は模範的な祈りとして「主の祈り」を教えて下さいました。その特徴は何でしょうか。私たちは自己中心の祈りが多いのですが、イエス様の教えた祈りは、神第一の祈りでした。まず神様の御名をほめたたえる祈りがあり、神の御国と神の御心がこの地にも行われますようにとの祈りが続くのでした。その後に自分自身のために祈ります。日ごとの糧が与えられるように、そして自分が犯した罪の赦しを祈り試練や悪しき者から守りと救いを祈っていくのです。イエス様の愛弟子のヨハネは、「何事でも神の御旨に従って願い求めるなら、神はそれを聞きいれて下さるということである。」と教えています。私たちも自分の願いと共にに神の御心を求めながら祈っていきたいと思います。祈りを通して神様と深く交わりましょう。



2021.10.3 久保量生師
「豊かに実を結ぶ秘訣」 ヨハネ15:1~11

 使徒パウロはローマの獄中から愛するピリピ教会の使徒の方々に愛を込めてこの手紙を書きました。特に教会員の中に姉妹同士の対立があったことを聞いていたので心配をして、何とか主にあって教会の一致を保つようにとの目的をもって手紙を書いたのでした。しかしながらこの手紙には喜びとか喜びなさいというパウロの言葉が満ち溢れていて、喜びの手紙とも呼ばれているのです。すなわち、たとえ獄中にあったとしても主イエスに対する信仰はゆるぎないものであり試練さえ喜びに変える力がパウロには宿っていたのであります。それゆえに愛するピリピの信徒の方々もいつも喜んでいなさい。どのような状況にあっても主に在って喜びなさいと繰り返し語ったのでありました。
 パウロは愛するピリピ教会の信徒たちがキリストの福音を熱心に宣べ伝えていることをまず感謝し、これからもキリストの福音宣教に励みキリストの福音にふさわしく生活するようにと勧めた後に、ピリピ教会の問題点である信徒間における不一致を解決するために筆を進めていくのであります。2章2節で「どうか同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つ思いになって、わたしの喜びを満たしてほしい。」と率直に語ります。そして2章3節では「党派心や虚栄を捨てて、へりくだった謙遜な心をもってお互いに尊敬しなさい。」と勧めるのです。姉妹たちが和解して一致するようにとの勧めであります。
そしてそれはまさにイエス・キリストご自身の生き方でありました。主イエスは神のかたちであられたが、おのれをむなしうして僕のかたちをとり、人間として死に至るまで従順であられたのです。私たちも主イエスに在りて一致をし、お互いに愛し仕え合っていきましょう。



2021.9.26 久保量生師
「キリストの福音を宣べ伝えよう」 マルコ16:9~20

 復活したイエス・キリストは12弟子に現れて「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。」との大宣教命令を与えられました。
それでは福音とは何でしょうか。福音とは良い知らせという意味です。すなわちイエス・キリストの十字架の贖いによって私たち人間の罪が赦され、永遠のいのちが与えられ神の子とされるという素晴らしい良き知らせなのです。ですからこの福音とはキリストの福音であり、神の恵みの福音であり、救いの福音なのです。
 使徒パウロは「わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシャ人にも、すべて信じる者に、救いを得させる神の力である。」と断言し福音の宣教に励んだのです。復活したイエス様は恐れと不安をもっていた弟子たちを励まし新しい力と権威を授けて下さいました。それが17~18節のみことばです。キリストの復活を信じた弟子たちはキリストの権威と聖霊の助けを頂いて大胆に福音を宣べ伝えるようになったのです。悪霊を追い出し多くの病人をいやししるしと不思議を伴う力強い伝道をするようになったのです。20節が結論です。「弟子たちは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主も彼らと共に働き御言に伴うしるしをもって、その確かなことをお示しになった。」つまり、福音の宣教は自分一人だけでするのではなく主イエス様と共にするのです。このことをしっかりと認識してすることが大切です。また聖霊に導かれて伝道していくのです。そして信仰の仲間と協力し合って伝道していくのです。イエス様が弟子たちを伝道に遣わす時に、二人一組で遣わされました。私たちが救われたのは私たちの伝道によって新しく救われる方が起こされるためなのです。



2021.9.19 久保量生師
「ダニエルの強い信仰」 ダニエル6:1~24

 紀元前605年にイスラエルはバビロンとの戦いに敗れます。バビロンの王ネブカデネザルは、イスラエル人の中で血筋の良い若者を数名選んでバビロンに連れてきて教育し、王に仕える者にしようとしました。その中の一人がダニエルでした。そしてダニエルは、知恵と知識に富み夢と幻を理解し、説き明かす賜物が与えられていたのです。
ある時、ネブカデネザル王が不思議な夢を見たのですがその夢を説き明かす人は誰もいなかったのですが、ダニエルは完璧に説き明かしたのです。王はダニエルに贈り物を与えて彼をバビロン全州の総督にしたのでした。その後もダニエルは4章では大きな木の夢を説き明かし、5章では壁に手の指が突然、現れて文字を書いた時に、その文字の意味を説き明かしたのです。
 聖書はこのダニエルの超能力の秘密をはっきりと教えています。それはダニエルが神の霊(聖霊)に満たされていた人であったということです。全知全能の神の霊が宿っていたのでダニエルは夢と幻をいとも簡単に説き明かすことができたのです。
 ダニエル書6章では、ダニエルを妬み迫害しようとする総監と総督たちが策略を練ってダニエルを失脚させようとします。すなわちこれから30日の間は、王以外の者に対してお祈りする者は、獅子の穴に投げ入れるとの禁令だったのです。しかしダニエルは神にお祈りすることはやめませんでした。総督たちはそのことを王に告げたので、ダニエルは獅子のいる穴に投げ込まれてしまいました。しかし神によってダニエルは守られ奇蹟的に救われたのでした。
私たちもダニエルのように、強い信仰をもって神に従って歩んでいきましょう。



2021.9.12 久保量生師
「あらゆる境遇に対処する秘訣」 ピリピ4:8~13

 ピリピ人への手紙は使徒パウロが第一回目の獄中生活をローマで送っていた時にギリシャにあったピリピ教会の信者に送った手紙ですが、「喜びなさい」とか「喜ぶ」とか「喜んでいます」等の言葉が多く使われているので「喜びの書簡」とか「喜びの手紙」と呼ばれたりもします。すなわち使徒パウロは愛するピリピの教会の人々に喜びをもって励ましの手紙を書いているのであります。
 使徒パウロはキリストの福音を宣べ伝えていく中で迫害を受けることもあったけれども、主の守りと慰めを頂き、宣教の使命を果たしてきたこと、そしてどんな境遇にあっても満足することを学んだ。そして12節に記しているように「わたしは貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。わたしは、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘訣を心得ている。」と証しするのでした。
 その秘訣とは何でしょうか。それは第一に6節に記しているように「何事も思い煩ってはならない。ただ事ごとに感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げること」です。そしてゆだねることです。第二に第一テサロニケ5章16節~18節に記されているように「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい。」のみことばを実践することです。第三に13節のみことばを信じ従うことです。「わたしを強くして下さるかたによって、何事でもすることができる。」との確信をもって積極的にチャレンジしていくことです。私達も全知全能の神の力を頂いて、すべてのことを感謝して生活しましょう。



2021.9.5 久保量生師
「主の教えを守る人は幸いです」 詩篇119:1~24

 アブラハム・リンカーン大統領は熱心なクリスチャンで聖書を愛読した方でした。彼は「聖書は神が人類に賜った最も素晴らしい賜物である。人間の幸福にとって望ましいものはすべて聖書の中に含まれている。」と語りました。彼だけではなく世界中の多くの方々が聖書を読み、真の神様を信じて幸いな人生を送っているのです。聖書の中には神様の教えがたくさんあります。そしてその教えを守る人は神様からの祝福を頂いて幸せになると約束しているのです。たとえば、旧約聖書にモーセの十戒がありますが、これは律法の中心的な戒めです。十戒をきちんと守る者は幸せな人になります。
さて詩篇119篇は、神の教え、律法の素晴らしさをほめたたえ、その教えを守る者は幸いな人になるとの教えであります。ですから著者は神様に対して「あなたの定めを守らせて下さい。」と祈るのです。また「わたしはあなたの定めを守ります。」と誓うのです。また「神に罪を犯すことのないように、心のうちにみ言葉をたくわえました。」と告白するのです。神の教えを守る人になるためには、神のみことばを心にたくわえることが大切です。また主の教えを口で告白すること、主の教えを喜び、賛美することも大切です。そして神のみことばを守り行うことを決断し告白し従っていきましょう。
 17節から24節は、地上では旅人である私を神のみことばによって守り導いて下さいとの祈りであります。主の教えこそ私の喜びであり助けであるので、たとえ私に敵対する者がいたとしても、私は神に信頼し神のみことばにより頼みます。あなたのあかしは私を喜ばせ、私を教えさとして下さると告白するのです。主の教えに従いましょう。



2021.8.29 久保量生師
「地の塩、世の光となる」 マタイ5:13~16

 主イエス・キリストは有名な山上の説教において、まず8つの幸いの教えを語られましたが、それに続いて弟子に与えられている使命について明確に教えて下さいました。
第一の使命は私たちが地の塩として生きることです。塩は防腐剤として使われます。食材を腐らせないで保存するために塩づけにして保管するのです。私たちクリスチャンはこの世の中が罪によって堕落していくのを防いでいく務めが与えられているのです。また塩は適度に使うことによって食材の味をひきたてる働きもします。たとえば、ゆで玉子を食べる時に少し塩を振りかけて食べるとおいしく食べられるように、塩は食材の味をひきたてるために用いられます。私たちの日々の生活においていろいろな人間関係がありますが、言葉においても行いにおいてもきよく正しい言葉と生活をする者でありたいと思います。使徒パウロは「いつも塩で味つけられたやさしい言葉を使いなさい」と勧めていますが私たちも人の徳を高めるような言葉と正しい行いをもってきよく正しい生活をしていきたいと願います。 
さて第二の使命は、私たちが世の光として生きることです。イエス・キリストご自身が世の光でありますが、キリストを信じて生きる私たちも世の光となって生きる使命が与えられているのです。それはキリストが人々を深く愛し仕えて下さったように私たちも隣り人を愛し仕えていくことであります。困っている人を助けてあげることです。隣人愛の実践に励むことであります。また救い主であるキリストの救いの福音を宣べ伝え救いに導いていくことであります。私たちクリスチャンは、地の塩であり世の光であることの自覚と使命をもって生活していきましょう。



2021.8.22 久保量生師
「偽りの神と本物の神」 詩篇115篇

 聖書は私たちに本物の神様と偽りの神々の違いについて明確に教えています。偽りの神々は人間が金や銀や青銅などを用いて勝手に造った偶像であります。生命がないので私たち人間を救うことができません。口があっても語れない。目があっても見ることができない。耳があっても聞くことができない。鼻があってもかぐことができない。手があっても取ることができない。足があっても歩くことができない。また、喉から声を出すこともできない存在です。
日本の各地に仏像がありますが、全く同様であります。
生命がないので、語ることも手足を動かすこともできません。つまり人間が造った神々には私たちを救うことができないのです。私たちはむなしい偶像ではなく聖書が教える真の神様を信じて生きることにより幸福になれるのです。
 聖書が教えるまことの神様は、第一に天地万物の造り主であります。月も星も太陽も地球も神様によって造られたのです。そして私たち人間や動物や植物などを造られたのです。第二にまことの神様は永遠に生きて支配しておられる御方であります。第三にまことの神様は全地全能の神であります。すべてのことをご存知であり、何でもできる力ある神様です。第四にまことの神様は、聖く正しい神であります。第五にまことの神様は、愛と救いの神です。神はひとり子のキリストによって私たち人間を罪から救い永遠のいのちをお与え下さる神です。第六にまことの神様は、恵みとまことに満ちている神です。そして第七にまことの神様は、真実で信頼できる神です。聖書が教える素晴らしい真の神様を信じて生きる者は、幸福な人になります。
そしてイエス・キリストを神の御子・救い主と信じる者は罪が赦されて永遠のいのちが与えられるのです。



2021.8.15 久保量生師
「平和をつくる人になりましょう」 マタイ5:1~9

 聖書の教える真の神様は、天地万物を創造し支配している偉大な神ですが、同時に私達人間を愛し喜びと平安を与えて下さる神です。平和の神様であります。使徒パウロはご自分が書いた手紙の中でくり返し「平和の神」という言葉を使っています。またイザヤ書9章においてキリストは「平和の君と呼ばれる」と預言されています。
そのキリストが山上の説教の中で「平和をつくり出す人たちは、さいわいである。彼らは神の子と呼ばれるであろう。」と教えているのです。イエス様は徹底した平和主義者であられました。決して人と争うことはしないで、愛と平和を実践していかれたのです。私たちキリスト者は平和の君であるイエス・キリストを信じ従う者として、平和をつくる者になるために召されていることを自覚して歩みたいものです。
 そのためには、まず第一に平和の神様との良い関係をもつことが大切です。平和の神様と平和な関係をつくり平和な心となってこそ、平和をつくる者になれるからです。御霊に満たされて、愛、喜び、平安の心を主より与えられて平和をつくり出す人にならせて頂きましょう。
 第二に隣り人との良い関係をもつことが大切です。イエス様が教えて下さったように「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛しなさい。」とのみことばを深く心に刻み実践していく時に、私たちも隣り人との関係が良くなり、愛と平和をつくり出す人になっていきます。まず隣人に対して否定的な言葉ではなく、人を励ます言葉、親切な言葉、肯定的な言葉、平和な言葉を語っていきましょう。平和な関係づくりのために祈りつつ積極的に平和をつくり出す努力をしていきましょう。それを継続していきましょう。



2021.8.8 久保量生師
「家族を大切にしよう」 詩篇133篇

 使徒パウロは私たちクリスチャンは神の家族でありお互いは兄弟姉妹であると教えています。ですから私たちは、教会に集まり共に礼拝を捧げ交わりを深めていくのです。
 本日の聖書箇所である詩篇133篇は、信仰者の豊かな交わりの素晴らしさをたたえている祝福の詩篇です。
 ダビデがよんだ都もうでの歌と書かれています。イスラエルの国では春にはエルサレムにおいて過越の祭りが行われ、しばらくして7週の祭りが行われ、秋には仮庵の祭りが毎年、行われていて多くのイスラエル人が都もうでをしていました。彼らは喜びをもって各地から集まり、共に喜び楽しい時をもったのでした。この麗しい交わりの様子を記しているのが詩篇133篇であります。
 新改訳聖書2017版の1節では「見よ、なんという幸せ、なんという楽しさだろう。兄弟たちが1つになってともに生きることは。」と訳しています。ここで言われている兄弟たちとは必ずしも肉の兄弟だけではなく、同じ部族に属する者や同じ信仰をもっている者も含めた兄弟たちという意味です。さて133篇2節~3節においては1節に記した祝福を、2つの比喩を用いて美しく描いています。2節では「それは頭に注がれた貴い油のようだ。それはひげにアロンのひげに流れて衣の端にまで流れ滴る。」と記します。アロンとはモーセの兄弟であり祭司として活躍した人物です。彼も祭司になった時には頭に香油が注がれ麗しい香りを放っていました。次に3節では「それはまたヘルモンからシオンの山々に降りる露のようだ。主がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。」と記し麗しい交わりだと語るのです。私たちも神の家族を大切にしましょう。また、肉の家族も大切にしましょう。



2021.8.1 久保量生師
「イエスを仰ぎ見つつ生きる」 へブル12:1~11

 東京オリンピックが開催中ですが日本人の選手が大活躍しています。彼らは何年も猛練習をしてきたことが報われているのです。使徒パウロは私たちクリスチャンをスポーツ選手にたとえて「競技場で走る者はみな走りはするが賞を得る者はひとりだけである。あなたがたも、賞を得るように走りなさい。」と勧めています。へブル人への手紙の著者も12章1節において「わたしたちの参加すべき競争を耐え忍んで走りぬこうではないか。」と勧めています。そして2節では「信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。」と勧めているのです。つまりイエス様から目を離さずイエス様に従っていく生活に励みなさいとの勧めなのです。そのために大切なことは、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てることです。人生の重荷を主にゆだね、言葉や行いにおける罪を告白し悔い改めることです。そしてキリストの十字架の血によってきよめられていくことです。
 次に大切なことは私たちの信仰が成長するために必要な主の訓練を受けていくことです。6節に「主は愛する者を訓練し受けいれるすべての子をむち打たれるのである。」とあります。神様は私たちが経験する試練や困難なことを用いて、訓練を与えて下さいます。それは私たちに忍耐する心を養い、私たちの信仰を強くし、魂をきよくして下さるのです。「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思わず、むしろ悲しいものと思われる。しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。」との教えは真実です。私たちも愛する主からの訓練を頂きつつ、信仰生活に励んでいきましょう。
すべてのことを感謝して、主に従っていきましょう。



2021.7.25 久保量生師
「金持と貧乏人ラザロ」 ルカ16:19~31

 イエス様は欲の深いパリサイ人たちに警告を発するために金持と貧乏人ラザロの話をしました。すなわち欲の深いパリサイ人を金持にたとえた訳です。ある金持がいて彼は立派な服を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていました。ところが彼の玄関の前にラザロという貧しい人がいて金持の食卓から落ちるものを頂き飢えをしのいでいたのです。ところが彼らの死後の世界においては逆転するのです。貧乏人ラザロは御使いたちに連れられて天国へ行ったのに対して金持は黄泉にいて苦しむのです。火災の中で苦しみもだえるのです。助けを求めても聞かれなかったのでした。つまり救い主であるイエス・キリストを信じないで批判するパリサイ人たちは、神に裁かれ天国へは行けないで地獄に行ってしまうのです。
 天国へ行ったラザロの名前は「神はわが助け」という意味です。ですから貧乏ではあったけれども、彼には神の助けを信じる心があったのです。金持には神を信じる心がありませんでした。ですから神の助けがなかったのです。
 聖書は天国と地獄について明確に教えています。天国は神の栄光に輝く幸福な世界です。地獄は悪魔と悪人がいる苦しみの世界です。あなたはどちらに行きたいですか。
 イエス・キリストは私たち人間が天国へ行けるように救い主として神から遣わされ、救いの道を備えて下さいました。それはキリストの十字架の救いです。私たち人間には罪があるので罪の赦しを頂くことが必要です。そのためにキリストは私たちの罪を十字架の上で贖って下さったのです。誰でもキリストが私の罪を赦して下さる救い主と信じるならば、その人はキリストの救いを頂いて、罪の赦しと永遠のいのちが与えられ、天国に入れて頂けるのです。



2021.7.18 久保量生師
「信仰の偉人たちから学ぶ」 へブル11:6~27

 本日はへブル人への手紙11章に記されている旧約聖書に登場する信仰の偉人たちから教えられたいと思います。最初の人物はノアです。ノアについては、創世記6章から9章において記されていますが、その時代は神の前に乱れ暴虐が地に満ちていました。それで神は人を裁こうとされますが、義人ノアと家族を救うために箱舟を造りなさいと命じるのでした。130mの長さのある大きな箱舟でした。ノアにとっては大きな挑戦でありましたが、神の命令に聴き従って、息子たちと共に箱舟を造っていったのでした。
 次に登場するのが信仰の父と呼ばれたアブラハムです。アブラハムが75才の時に神様はアブラハムに大きなチャレンジを与えられました。「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」と命じられたのです。アブラハムは大変驚いたことでしょう。しかし彼は「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。」との神の祝福の約束を信じて、家を離れ神の導きに従って行くのでした。そして彼の人生最大の試みである「愛する息子イサクを捧げよ」との神の命令にも、アブラハムは従うのでした。彼の信仰は、徹底した神への従順な信仰でありました。
 さて次に登場するのが出エジプトの奇蹟を導いたモーセです。モーセはエジプトで奴隷として苦しんでいたイスラエルの民を救うために神様から召されるのですが、最初は自信がありませんでした。しかし神様が「わたしは必ずあなたと共にいる。」との約束を頂いてエジプトに行きイスラエルの民を救い出すという奇蹟を成し遂げたのでした。モーセも神への信仰と従順に徹した人であったのです。



2021.7.11 久保量生師
「偉大な神の御子キリスト」 へブル1:1~14

 へブル人への手紙は、著書の名前は明らかにしていませんが旧約聖書に精通した人物であり、ユダヤ教からキリスト教に改心したへブル人に重荷をもつ指導者であったと考えられます。彼はイエス・キリストがいかに偉大な神の御子であるかということを強調してこの手紙を書きました。
 キリストは万物の創造者であり万物の相続者であると書き、1章3節では「御子は神の栄光の輝きであり、神の本質の真の姿であって、その力ある言葉をもって万物を保っておられる。そして罪のきよめのわざをなし終えてからいと高き神の右の座につかれた。」と記すのです。それゆえに、キリストは御使たちと比べるとはるかに優っている御方であるということを1章4節から
節に渡って詩篇のみことばを引用しながら説明していきます。
1章5節ではキリストは神の子であると言われますが、御使いはそのように言われたことはありません。1章6節では「神の御使いはことごとく彼(キリスト)を拝すべきである。」と言われ、1章8節では「御子については、その御座は世々限りなく続き公平をもって治める。」と言われ、1章9節では「キリストは正義を愛し不法を憎まれる」と言われ、1章10節からは「天地は滅びてもキリストは変わることのない神の御子である。」と強調するのです。
それに比べて「御使いたちはすべて仕える霊であって、救を受け継ぐべき人々に奉仕するため、つかわされたものではないか。」と著者ははっきりと言うのです。
私たちの信じているイエス・キリストは偉大な神の御子であり、やがて栄光に輝く姿で王の王、主の主としてこの世界に再臨され、この世界を正しく治めて下さいます。私たちはキリストの再臨を待ち望みつつ生活しましょう。



2021.7.4 久保量生師
「主に向かって賛美を捧げよ」 詩篇95篇

 詩篇95篇はイスラエルの仮庵の祭の時によく歌われた詩篇であり中心的なテーマは「主の王権を祝う詩篇」です。1節から5節までが神への賛美の招きであり、私たちは救いの岩であり大いなる王である偉大な神様に向かって喜びと感謝をもって賛美を捧げようと勧めます。3節以下では神を賛美すべき理由が述べられています。主は他の神々にまさって大いなる王であること、また天と地に満ちるすべてのものを主が造られたこと、また万物を治めておられることなどのゆえに神を賛美すべきであると語ります。    さらに7節では「我らはその牧の民、そのみ手の羊である。」と語り主なる神は良き羊飼いであり私たちを養い守り導いて下さる御方なので賛美を捧げようと勧めるのです。    イエス様も「わたしは良い羊飼いです。良い羊飼いは羊のために命を捨てます。」と言われ、私たちの罪のために十字架の上で死んで下さいました。私たちは主の十字架の救いを感謝し賛美を捧げましょう。
さて詩篇95篇6節から教えられることは敬虔な態度で礼拝することの大切さです。彼らは主の前にひざまずき、ひれ伏して礼拝しました。私たちも敬虔な心と態度で主を礼拝しましょう。最後に私たちは謙遜な心をもって自分の罪を正直に認め、悔い改めの祈りをもって主を礼拝しましょう。出エジプト後のイスラエルの民は厳しい荒野の旅の中で水が不足した時に、モーセに文句を言って神に祈りませんでした。不信仰をくり返しました。結局、彼らは約束の地であるカナンに入ることはできず、荒野で死んでしまったのです。私たちはこのことを教訓にして、たとえ試練がやってきても、神に信頼してすべてのことを感謝し、賛美しつつ歩みたいと願います。



2021.6.27 久保量生師
「罪人を救うイエス・キリスト」 ヨハネ8:1~12

 イスラエルの国では今もそうですがイエス様の時代にも秋になりますと仮庵の祭りがあり、多くの人々がエルサレムの都にやってきてお祭りをしていました。ヨハネによる福音書7章を見ますとイエス様もエルサレムにやってきて宮に上って人々に色々と教え始められました。そして祭の終りの日には、大声で「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう。」と宣言されました。生ける水とは聖霊のことです。
 さて8章に入るとイエス様が朝早くに宮に入り人々に教えていますと、突然、律法学者たちやパリサイ人たちが、姦淫の罪を犯した女を連れてきてイエス様に質問したのです。「先生、この女は姦淫の場でつかまえられましたが、石で打ち殺した方が良いでしょうか。どうでしょうか。」と尋ねたのです。これはイエス様を陥れるわなでありました。もしもイエス様がこの女を石打ちにせよと答えればローマの法律を無視することになりますし、反対にイエス様が石打ちにするなと答えれば、モーセの律法を無視したことになります。彼らの策略を見抜いたイエス様はなにも答えないで身をかがめ地面に何か書いておられました。いらだった律法学者たちに対してイエス様は「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい。」と言われると、彼らは仕方なくそこを去って行ったのです。
 イエス様は姦淫の女に優しいまなざしで「わたしもあなたを罰しない。お帰りなさい。今後はもう罪を犯さないように。」と声を掛けられ彼女をお救い下さったのです。彼女は自分の罪を悔い改めイエス様を信じる者になったことでしょう。私たちも世の光であるイエス様を信じましょう。



2021.6.20 久保量生師
「天の父なる神は完全」 マタイ5:43~48

 私たちクリスチャンがキリストの弟子として生きていくためには福音書に記されているイエス・キリストの教えをくり返し学び実践していくことが大切です。生活の中で適用していくことが必要です。本日の聖書箇所は大変有名なところです。イエス様は「敵を愛し、迫害する者のために祈れ。」と教えられました。すなわちすべての人を差別せずに愛せよと教えられたのです。「天の父なる神様は悪い者にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らせて下さるからである。」と神の愛には差別がないと教えたのです。
 当時のユダヤ教の律法学者やパリサイ人は取税人や異邦人を軽蔑し差別し見下していました。しかしイエス様は取税人や異邦人を差別することなく深く愛して下さったのです。そして自分に敵対する者をも愛して祈って下さったのでした。イエス様が十字架につけられた時に、祭司長たちや律法学者たちや群衆は、イエス様をあざけり悪口を言い続けたのですが、イエス様は言い返すことはしないで「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです。」と愛のとりなしの祈りを捧げられたのです。
5章48節では「それだから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。」と教えています。神様が完全であられることは理解できますが、私たち人間は罪があって不完全な者であります。
イエス様がここで言われていることは、私たちが完璧な者となれということではなく、霊的に成熟した者になりなさい。霊的に成長した者になることを目指して歩みなさい、という意味です。天を目指して主に従い続けましょう。



2021.6.13 久保量生師
「神に感謝し人を愛せよ」 コロサイ3:12~21

 使徒パウロはコロサイ教会の信者に対して3章12節において「あなたがたは、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者であるから、あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容を身に着けなさい。」と勧めます。つまり私たちクリスチャンは神の民として選ばれた者でありキリストの十字架の血により聖なる者とされ神に愛されている者とされていることを自覚し、キリストの品性を身に着けて歩みなさいという訳です。13節ではお互いに赦し合うこと、14節ではすべてのものの上に、愛を加えること、15節ではキリストの平和が心を支配するようにすること、16節ではキリストの言葉を豊かに宿らせることと心から神をほめたたえること、17節ではすべてのことを感謝することを勧めています。
私たちも使徒パウロが主イエス・キリストの生き方を見習って従って生活したように、人を赦し人を愛し平和をつくる人になりたいと願います。また福音書に記されているイエス・キリストの教えを忠実に守り行う生活に励みたいものです。そのためにキリストの言葉を暗唱し思い起こしつつ信仰生活に励みたいものです。神を第一として、神に感謝と賛美を捧げる習慣を身につけていきましょう。
 さて18節からは夫婦の関係と親子の関係についての簡潔な教えです。妻たる者は主イエスに仕えるように、夫に仕えなさいと勧めます。夫の良き助け手となるようにとの勧めです。夫たる者はキリストが私たちを愛されたように、妻を深く愛しなさいと勧めます。また親は子どもに対して正しく聖書に基づく教育をして、神を信じ親を敬うように育てることを勧めています。親は子どもたちに信仰の継承がなされていくようにお手本を示しつつ、一緒に家庭礼拝を継続していくことが大切です。



2021.6.6 久保量生師
「初代教会の特徴」 使徒4:18~35

 キリスト教会とは何でしょうか。それは第一にイエス・キリストを救い主として信じた者たちの集まりです。信仰の共同体です。第二に神の愛によって生かされる愛の共同体です。第三にキリストの十字架と復活の素晴らしい救いを宣べ伝えていく宣教の共同体です。
 さて本日は初代教会の特徴について聖書から学びます。第一に初代教会は聖霊に満たされていた教会でした。聖霊の降臨によって聖霊に満たされた弟子たちの働きによってキリスト教会が誕生しましたが、それ以降の活動においても彼らは熱心に神に祈り、いつも聖霊に満たされて力強い信仰生活を送っていったのです。彼らは御霊に満たされ、御霊に導かれて前進していきました。私たちも毎日、聖霊様を歓迎し礼拝し従っていきましょう。
 第二に初代教会は家々において、神の家族として共に礼拝し共に食事をして交わることを日常的に行っていました。主にある兄弟姉妹としての豊かな交わりをもち兄弟愛を深め実践していました。「信じた者の群れは、心を一つにし思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものだと主張する者がなく、いっさいの物を共有にしていた。」のです。(使徒4:32)私たちも主にある兄弟姉妹との愛の交わりを深めていきたいものです。
 第三に初代教会は迫害にも負けることなく熱心にイエス・キリストの救いを宣べ伝え続けていきました。使徒たちも一般の信者もイエス様の救いを大胆に宣べ伝えていったのです。その結果、大勢の方々が救われてクリスチャンになっていきました。彼らは聖霊の力を頂いて熱心に伝道していったのです。私たちも聖霊の力によって継続的にキリストの福音を宣べ伝えていきましょう。



2021.5.30 久保量生師
「イエス・キリストの名の権威」 使徒3:1~16

 イエス・キリストが天に帰る前に大切なことを弟子たちに言われました。「わたしは、天においても地においても一切の権威を授けられた。それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子としなさい。」(マタイ28:18~19)
本日は「イエス・キリストの名の権威」についてメッセージしますが、その権威というものは天地万物をすべて治める権威であります。私たち人類を治める権威であり、人間を救う権威であります。
 本日の聖書箇所においては、使徒ペテロとヨハネが宮において全く歩くことのできない物乞いを、イエスの御名によっていやされたことが記されています。彼らは聖霊の促しを受けて彼を深く憐れみ、彼をじっと見て「わたしたちを見なさい」と言います。そしてペテロが「金銀はわたしには無い。しかし、わたしにあるものをあげよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって歩きなさい。」と力強く命じて彼の右手を取って起こしてやると、足とくるぶしとが立ちどころに強くなって立って歩き出したのです。いやされたのです。イエス・キリストの御名の権威が明らかにされたのです。民衆はみな、彼が歩き回ったり踊ったりして神を賛美しているのを見て驚き、彼らのところに駆け集まってきました。そこでペテロはこの足なえだった物乞いがいやされた経緯について証しをしたのです。すなわちこの人が完全にいやされたのはイエス・キリストの御名の力によることを堂々と証ししたのでした。その結果、ペテロの証しを聞いた多くの人々がイエス・キリストを救い主と信じてクリスチャンになったのであります。(4:4)
主イエスは今も私たち信者にキリストの御名の権威を与え聖霊の力を与えて神のみわざを行わせて下さるのです。



2021.5.23 久保量生師 ペンテコステ礼拝
「聖霊が弟子たちに降臨した」 使徒2:1~21

 イエス様が預言されていた聖霊の降臨がついに実現しました。それはユダヤの暦では五旬節の日でした。聖霊の降臨を待ち望み祈り続けていた弟子たちの上に突如、天から聖霊が降ってきたのです。それは天からの激しい風が吹いてきたような音と共に、また炎のような舌と共に弟子たち一同の上に降臨したのでした。その結果、弟子たちは聖霊に満たされいろいろの他国の言葉で神の大きな働きについて語り始めたのです。すなわちイエス様の十字架と復活の救いについて証しし始めたのです。それを見たユダヤの人々は、驚き惑い不思議に思いあざ笑う人もいました。そんな彼らに対してペテロが堂々と証しをします。「今は朝の9時で祈りを捧げる時ですから私たちが酒に酔っているのではありません。旧約のヨエル書の預言が成就したのです。」と断言したのです。すなわち「神がこう仰せになる。終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。」との預言が成就したと証ししたのでした。
 聖霊は私たちにキリストを啓示し真理に導いて下さいますが、同時にキリストの救いを力強く証しさせて下さるのです。ですからペンテコステの日に聖霊のバプテスマを受け聖霊の満たしを受けたペテロは、大胆にされて恐れることなくイエス・キリストの救いを語ったのであります。
私たちも聖霊のバプテスマを受け聖霊の満たしを受けて生きることがとても大切です。
聖霊が降臨するとその人は第一に神からのビジョン(幻)が与えられます。第二に神のために生きるパッション(情熱)が与えられます。第三に神からのミッション(使命)が与えらます。私たちも日々、聖霊に満たされて初代教会の弟子たちのように熱心に宣教に励んでいきましょう。



2021.5.16 久保量生師
「聖霊降臨を待ち望む」 使徒1:1~14

 聖書の教える神様は全知全能の神ですから大切なことを実現していく前に預言をされることがよくあります。イエス・キリストの降臨の預言がありキリストの十字架と復活の預言がありました。そして本日の聖書箇所においてはキリストが昇天した後に聖霊の降臨があるとの預言がなされているのです。そしてその通りになっていったのです。
 復活したキリストは40日にわたってたびたび弟子たちに現れて神の国について語られましたが「あなたがたは間もなく聖霊によってバプテスマを授けられるであろう。」と預言されました。また「ただ、聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム・ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう。」とも7預言されたのです。そしてその後に天に昇って行かれたのでした。
オリーブ山からエルサレムの町に戻った弟子たちはイエス様が語られた預言の言葉を思い起こし、聖霊がまもなく降ってくると確信し熱心に祈り始めたのでした。そこには彼ら以外にもマグダラのマリヤなどの婦人たちもいましたし、イエス様の母マリヤと彼女の子どもたちもいました。約120名の人々が毎日、聖霊が降ってくることを待ち望み熱心に祈り続けたのでありました。彼らは「心を合わせて、ひたすら祈りをしていた。」のであります。一つ心となって聖霊が降ってくることを切に願い待ち望み祈り続けたのです。このような祈り会が10日間、続けられ、ついに彼らの祈りが答えられて聖霊の降臨を迎えることになるのです。私たちクリスチャンも彼らのように聖霊が降ってくるように、聖霊に満たされるように熱心に祈り続けていきましょう。聖霊の降臨を待ち望みましょう。



2021.5.9 久保量生師
「聖書を愛読し従う者は幸いなり」 詩篇119:97~112

 聖書は私たち人間に対する神様からの愛の手紙であり救いの手紙であると言われます。聖書が教える神は天地万物を創造した力強い神ですが、私たち人間を深く愛して下さる神様です。無条件で愛して下さる御方です。私たち人間を罪から救うために神のひとり子であるイエス・キリストを遣わし十字架につけて罪の贖いを成し遂げて救いの道を与えて下さった愛なる神であります。ですから私たちは神の愛に感謝して生きるのです。神の愛に応答し神を愛するのであります。神との愛の交わりを深めて生きるのです。それゆえに神のことばである聖書を愛読するのであります。 
 本日の詩篇119篇の著者はまさに神の愛に感謝しそのみことばを愛し応答していきます。97節では「いかにわたしはあなたのおきてを愛することでしょう。」と述べ103節では「あなたのみ言葉はいかにわがあごに甘いことでしょう。密にまさってわが口に甘いのです。」と証しします。
そして神のみことばは、わたしを賢くし知恵を下さりわきまえを与え悪い道から守って下さると感謝するのです。さらに105節では「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。」と語ります。すなわち神のみことばは私の足もとを安全に照らすともしびであり、進むべき道の方角を示す光であると証しするのです。
 そしてたとえ試練に出会ったとしても神に信頼をおいて神のみことばに従って歩むので、勝利ある生活となることを確信し神をほめたたえるのです。私達も神はすべてのことを益にして下さる御方であるので、神を信頼し神のみことばを愛しその教えをしっかりと守り行っていきましょう。
日々、聖霊の助けと導きを頂いてキリストのしもべとして生活していきましょう。



2021.5.2 久保量生師
「神のしもべとして生きる」 イザヤ42:1~13

 旧約聖書のイザヤ書には救い主イエス・キリストに関する預言が多く記されています。本日の聖書箇所であるイザヤ書42章では神のしもべであるイエス・キリストの姿が記されています。イエス様は神のひとり子であられましたが私たち人間を罪から救うために人となり神のしもべとなって下さいました。父なる神に忠実に従い仕えて下さいました。神の救いの計画を着実に実現していかれました。神の御霊に満たされて真実をもって救いの道を示されました。
 また盲人の目を開き多くの病人をいやされ罪の赦しと悪霊からの解放を与えて下さいました。死に至るまで神のしもべとして歩まれました。また12使徒たちもキリストの模範に従って神のしもべとして信仰の道を歩みました。
 私たちクリスチャンも救い主イエス・キリストを信じて神のしもべとして生きるように召されています。キリストによって選ばれた者であることを自覚して歩みたいものです。
 神のしもべとして忠実に生きるためには、神の御霊に満たされ御霊によって歩むことが不可欠です。肉の思いや言動は自己中心になりやすいことを悟り、絶えず祈って御霊の力に満たされて神の御心を行う者になりたいものです。
「主にむかって新しき歌をうたえ。地の果てから主をほめたたえ。」(42:10)とあるように神への賛美を捧げる生活をしましょう。「栄光を主に帰し、その誉を海沿いの国々で語り告げよ。」(42:12)とあります。私たちもイエス・キリストの十字架と復活の福音を語り告げていきましょう。私たちは時が良くても悪くても神の救いを証ししていきましょう。まだ救われていない家族や友人の方々のために熱く祈り、継続的にイエス様の救いを宣べ伝えていきましょう。



2021.4.25 久保量生師
「2つの大切な戒め」 マタイ22:34~40

 イエス様が十字架に架けられる日が近づく中で、エルサレムの宮にいたイエス様にひとりの律法学者が近づき「先生、律法の中で、どの戒めがいちばん大切なのですか。」と質問しました。するとイエス様は即座に「心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ。」これがいちばん大切な、第一の戒めであると申命記6章5節のみことばを引用されたのです。つまり全身全霊をもって神様を愛することが最も大切であると教えられたのです。なぜでしょうか。
 それは第一に創世記1章に記されているように私たち人間は神のかたちに創造されたからです。神の愛の対象として造られたからです。私たち人間を心から愛して下さっているからです。第二に愛なる神様は私たち人間をキリストの贖罪を通して罪からの赦しと永遠のいのちを与えて下さる御方だからです。
 さらにイエス様は第二の戒めもこれと同様である。「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ。」これらの2つの戒めに律法全体と預言者とが、かかっている。とレビ記19章
節の後半のみことばを引用されて、隣人愛の実践の重要性を教えられたのです。当時のユダヤ教では強調されていなかったことでしたが、イエス様は隣人愛の模範を示しながらこのことを教えられたのです。キリスト教は神の愛により、キリストの十字架の愛によって救われた者たちがその大きな愛に感謝して神様を愛し隣り人を愛して生きることを大切にしています。イエス様の教えも使徒たちの教も一貫して「神を愛し隣り人を愛すること」を強調します。聖霊の助けを頂き愛の生活を送りましょう。



2021.4.18 久保量生師
「キリストの愛で互に愛せよ」 ヨハネ15:1~13

 イエス様はヨハネによる福音書15章においてご自分と弟子の関係は、ぶどうの木と枝の関係であると教えられました。つまり弟子たちがイエス・キリストにつながっていなければ実を結ぶことができないが、つながっていれば実を豊かに結ぶようになると教えられたのです。私たちクリスチャンの信仰生活も同じです。信仰によってイエス様と強く結ばれ、つながって生きることが大切なのです。
15章9節でイエス様は「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛したのである。わたしの愛のうちにいなさい。」と言われました。キリストの愛を受け続けて生きよと教えられたのです。イエス様は12弟子と共同生活をしながら神の愛で弟子たちを愛し導いていかれたのです。
 イエス様の愛は第1に仕えていく愛でした。弟子たちはイエス様の愛に満ちた生き様を肌で感じながら成長していったのです。私たちも謙遜な心をもってお互いに仕え合う者になりたいと願います。イエス様の愛は第2に永遠に変わらない愛でした。天の父なる神の愛が永遠であるようにイエス様の愛も永遠に変わらない愛なのです。
第3にイエス様の愛は無条件の愛であり完全なアガペーの愛でした。イエス様はご自分を裏切るイスカリオテのユダも愛し彼の足を洗ってあげましたし、ご自分を否定したペテロも愛して下さいました。
第4にイエス様の愛は自己犠牲の愛でした。私たちを罪から救うために自分を捨てて十字架に架かり命を捨てて下さいました。このような神の大きな愛を頂いて生かされている私たちは、イエス様にしっかりとつながって救いの恵みを感謝し、お互いに愛し合って信仰生活に励みましょう。



2021.4.11 久保量生師
「ガリラヤに現れた復活の主」 ヨハネ21:1~19

 私たちは毎週の礼拝の中で使徒信条を共に唱えるわけですがその終わりに「我は罪のゆるし、からだのよみがえり、とこしえの命を信じず。アーメン。」と告白します。つまりからだのよみがえりを信じている訳ですがそれはイエス様が栄光のからだに復活したのと同じようなからだに私たちクリスチャンもよみがえるという信仰の告白なのです。
もはや朽ちることも死ぬこともない栄光のからだに私たちが復活する時が必ず来るとの告白であります。
 さて復活の主イエスはまず愛する弟子たちに現れてご自分がよみがえったことを示されました。そして彼らの信仰を強め新しい宣教の使命を与えられるのでした。
本日の聖書箇所で復活の主イエスはエルサレムから遠く離れたガリラヤで弟子たちとお会いするのです。久しぶりにガリラヤに戻った弟子たちは漁に出かけたのですが魚を1匹も取れませんでした。しかし、岸辺に立っておられたイエス様が「船の右の方に網をおろして見なさい。」と言われたのでその通りすると魚が153匹も取れたのでした。そして彼らは岸辺にて復活のイエス様と朝の食事も共にすることができ、親しい交わりの時をもつことができたのでした。ここでの教訓は何でしょうか。それはイエス様の声に聞き従う時に豊かな収穫を得るということです。祝福されるということです。私たちも主の声に聴き従いましょう。
さて朝の食事の後、イエス様はペテロに「あなたはこの人たちが愛する以上にわたしを愛するか。」と尋ねられました。ペテロは「主よ、わたしがあなたを愛することはあなたがご存じです。」と答えます。イエス様はペテロの信仰を回復させて、牧者としての新しい使命を与えられたのです。



2021.4.4 久保量生師
「イエス・キリストの復活」 ヨハネ20:1~23

 本日はイエス・キリストの復活をお祝いするイースター礼拝です。イエス様はご自分が十字架にかけられて死に、3日目に復活することを弟子たちにくり返し預言されていましたが、その通りに復活されました。ヨハネによる福音書20章にそのことが記されています。まずここでは日曜日の朝早くまだ暗いうちにマグダラのマリヤが墓に行くと、墓から石がとりのけてあるのを見たと記しています。他の福音書では他にも数名の女性たちが一緒に行ったと記されています。マリアはイエス様の体がないのに驚き、走ってペテロとヨハネにそのことを伝えますと彼らも急いでお墓に行ったのですが墓の中にはイエス様のからだはなくイエス様が着ていた亜麻布だけがあったのでした。弟子たちはこれを見て主を信じたのです。
 さて復活されたイエス様が最初に現れたのはマグダラのマリヤでした。マリヤは墓の外で泣いていたのですが、そこに復活のイエス様が現れて「マリヤよ」と優しく語りかけられたのです。マリアは喜び急いで弟子たちのところに帰り、復活のイエス様に出会ったことを告げたのでした。
 さて、その日の夕方、イエス様は弟子たちのいる所にやって「平安があるように」と言われて十字架で傷ついた手とわきとを彼らにお見せになります。それを見た弟子たちは復活されたイエス様を見て心から喜んだのでした。 
イエス様は彼らに新しい宣教の働きのためにつかわすと言われ、そのために「聖霊を受けよ」と命じられます。その後の弟子たちの働きは聖霊を受けて、キリストの十字架と復活の福音を力強く宣べ伝えていく者になり、多くの人々を救いに導く者となったのです。ハレルヤ!



2021.3.28 久保量生師
「十字架につけられたキリスト」 マタイ27:27~56

 イエス様はイスカリオテの裏切りによって捕えられ大祭司カヤパのもとで裁かれ翌朝にはローマの総督ポンテオ・ピラトのもとで裁かれました。ピラトはイエス様には罪がないことを知り赦そうとするのですが、祭司長や長老や群衆の声に負けて十字架刑を命じたのでした。
イエス様は十字架を背負わせられて死刑場まで歩いていくのですが、ムチで打たれた傷だらけのイエス様は途中で倒れるほど体が衰弱していました。そして、ゴルゴタ、すなわちされこうべの死刑場に着きます。そこでイエス様はローマ兵により両手両足に釘を打たれるのです。十字架に架けられたイエス様を見て群衆も祭司長たちもイエス様をののしりあざけりました。彼らの妬み、憎しみ、中傷、悪口の罪はついに殺人にまで発展していったのです。人間の罪の恐ろしさを知らされます。十字架上で激しく苦しんでいるイエス様になおも、あざけりののしっている彼らの姿こそ、私たち人間がもっている罪の姿なのであります。
 しかしイエス様は彼らのためにとりなしをし「父よ彼らをお赦し下さい。」と祈られたのです。そして私たち人間のすべての罪を背負って私たちの身代わりとして十字架の上で父なる神から裁きを受けて下さったのです。45節に記されているように「昼の12時から地上の全面が暗くなってる時に及んだ。」とは父なる神からの直接的な激しい裁きが、私たちの罪の身代わりとしてイエス様に降ったことを示しているのです。午後の3時頃にイエス様が「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と言ったのはその証しです。私たちが罪から救われるためにイエス様の十字架の犠牲があったことを心から感謝しましょう。信じましょう。


2021.3.21 久保量生師
「ゲツセマネの祈り」 マタイ26:30~46

 最後の晩餐を終えたイエス様と弟子たちはオリーブ山へ出かけて行きますが、その途中でイエス様は弟子たちに対して「今夜、あなたがたは皆わたしにつまずくであろう。」と語られました。弟子たちは否定しましたが、その通りになっていきました。
さてイエス様と弟子たちは、オリーブ山のふもとにあるゲツセマネの園にやって来ました。その場所はオリーブの木がたくさん茂っている園で祈りに打ち込める環境でした。イエス様は十字架に架けられる前夜に祈りの時間をもって備えておきたかったのです。ペテロとヤコブとヨハネを連れて園の中を進み、祈り始めたのですが深い悲しみを催し悩み始めたのです。それは明日に迫っている十字架の処刑の痛みと苦しみを予知できたからです。私たちの罪のために身代わりとなって裁きを受け呪われる耐えがたき苦痛を予知しての恐れであったのです。そしてイエス様は「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままではなく、みこころのままになさって下さい。」と祈ったのです。その後、イエス様は眠ってしまっていたペテロ、ヤコブ、ヨハネの所に行き「誘惑に陥らないように目をさまして祈っていなさい。」と励まし、さらに父なる神に祈り続けます。そして自分の願いよりも神のみこころに従うことを決断し「わが父よ、この杯を飲むほかに道がないのでしたら、どうか、みこころが行われますように。」と祈ったのでした。そしてイエス様は確信と平安をもって十字架の道を歩まれていったのです。私たちも自分の願いよりも神様の御心を求め優先していく祈りを捧げていきましょう。また勝利の確信が与えられるまで祈り続けましょう。



2021.3.14 久保量生師
「最後の晩餐」 マタイ26:17~29

 イエス・キリストは十字架にかかる前夜に12弟子と最後の晩餐の時をもたれました。その日はユダヤの国では過越の祭りの日であり過越の食事をする習慣がありました。
そのルーツは出エジプト記に記されています。その当時、イスラエル人はエジプトに住み多くの人々が奴隷として働かされ苦しんでいました。それで神はモーセを遣わし彼らをエジプトから脱出させるのです。その前夜に過越の食事をしたことを記念して、ユダヤの国では過越の祭りが行われてきたのです。
さて最後の晩餐においてイエス様はイスカリオテのユダが自分を裏切ることを指摘しますと彼は去っていきます。その後に、主イエスはパンを取って祝福してさき、弟子たちに与えて「取って食べよ、これはわたしのからだである。」と言われました。これは十字架で釘付けされたキリストのからだを意味します。またぶどう酒の入った杯から飲め。これは罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。」と言われました。これは私たち人間の罪を贖うために流されたキリストの十字架の血を意味します。 キリストは「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者には永遠のいのちがある。」と言われます。また弟子のヨハネは「御子イエスの血がすべての罪からわたしたちをきよめるのである。」と証しします。 
この最後の晩餐における新しい契約を記念して、教会では礼拝の中で聖餐式を行います。それは私たちクリスチャンがキリストの十字架の贖罪を信じて救いに入れられていることを確信する時であり感謝する時でもあります。また主イエスの再臨によって救いが完成することを期待し待ち望みつつ、福音の宣教に生きることを誓う時なのです。



2021.3.7 久保量生師
「キリストのエルサレム入場」」 マタイ21:1~11

 キリスト教会の暦ではキリストの十字架の苦難を覚える受難節(レント)があります。これはキリストの復活日(イースター)の前の6主日を除く40日のことであります。私たちもキリストの十字架の苦難に感謝し敬虔な思いをもって過したいものです。さて本日はキリストが十字架に架けられるためにエルサレムに入城される時のみことばから学びます。イエス様と弟子たち一行はエリコを出て長い坂道を上ってオリーブ山のふもとのベテパゲという村に到着します。そこでイエス様は二人の弟子に「向こうの村へ行きろばとろばの子を連れてきなさい。」と命じるのです。それはゼカリヤ書のメシア預言を成就するためでありました。
イエス様はこの世の王が都に入城する時のような勇ましい軍馬ではなく柔和な子ろばに乗って入城されたのです。イエス様の弟子たちはろばの上に自分たちの上着をかけてくらの代わりにしましたし、一緒に来ていた群衆も自分たちの上着を脱いでイエス様がろばに乗って入城される道に敷いたのです。またしゅろの木の枝を敷いたのです。そして「ダビデの子にホサナ。主の御名によってきたる者に祝福あれ。」と喜び叫び続けたのです。
その結果、町中が大騒ぎになり「この人はいったい、どなただろう」と言ったので群衆は「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスである。」と言ったのでした。12弟子はイエス様が生ける神の御子キリストであることが分かっていましたが、群衆はまだそのことが分かっていませんでした。結局、イエス様が十字架にかけられて死に、3日目に復活されて弟子たちに現れ、大宣教命令を与えられた後、弟子たちの福音宣教を通して群衆もイエス・キリストを神の御子と信じる者になっていくのです。



2021.2.28 久保量生師
「良い羊飼いであるキリスト」 詩篇23篇

 詩篇23篇はダビデ王が作った詩篇ですが、天地万物を創造された真の神様とダビデの関係を分かりやすくまとめた素晴らしい詩篇です。ここでダビデは真の神様は良い羊飼いであることを述べています。1節で「主はわたしの牧者であってわたしには乏しいことがない」と証しします。
つまり神様は私の必要を満たして下さる御方だと語るのです。羊飼いが羊のために青草の所に導き水のためにいこいのみぎわに伴われるように、神様は私たちに肉の糧を与え必要な水も与えて下さるのです。また3節では「主はわたしの魂をいきかえらせみ名のためにわたしを正しい道に導かれる。」のです。つまり私の魂をリバイバルさせ元気にして下さり義の道に導いて下さるのです。また4節では神様が共にいて助けて下さるので困難なことや試練があっても大丈夫だと言うのです。ダビデは死の谷を歩むような試練を何度も受けましたが神様に守られて歩むことができたのでした。そして5節ではダビデは自分に敵対する者がいても、神様は私に聖霊の油を注いで愛と喜びと平安に満たして下さるので安心であり感謝であると言うのです。ですから「わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう」と結論として証しするのです。
 さてヨハネによる福音書においてはイエス・キリストが良い羊飼いであると教えられています。主イエスは「わたしがきたのは、羊(人間)に命を得させ、豊かに得させるためである。わたしは良い羊飼い(救い主)である。良い羊飼いは、羊(人間)のために命を捨てる。」と言われました。(ヨハネ10:10~11)つまり私たちの罪を赦すためにイエス様は十字架にかかり私達の身代わりに死んで下さったのです。誰でもイエス・キリストを救い主と信じる者は救われます。



2021.2.21 久保量生師
「大群衆に食べ物を与えるイエス」 ヨハネ6:1~14

 神の御子であるイエス・キリストは、公生涯を通じて多くの病人をいやされ、悪霊に囚われている人を解放されましたが、本日の聖書箇所においては大群衆に対して深く憐れみ奇蹟をもって彼ら全員にパンと魚を与えたという内容です。
その時にいた群衆の数は男だけで五千人でしたから女と子どもをいれると1万人はいたと思われます。イエス様は少年がもっていた5つのパンと2匹の魚を用いて神に感謝の祈りを捧げそれを弟子たちに渡し群衆に配らせました。すると奇蹟が起こってイエス様の手に次々とパンと魚が増えていき群衆は十分に食べることができたのでした。弟子たちも群衆も驚きながらも感謝と喜びをもって食べたことでしょう。このパンの奇蹟を通して教えられることは何でしょうか。第1にイエス・キリストは私たちの魂の救いを与えて下さるだけではなく、病いのいやしと共に物質的必要にも豊かに満たして下さる御方であります。霊肉を強めて下さる御方であります。
 第2にイエス様は感謝の祈りを通して奇蹟を起こしたということです。感謝と信仰の祈りを捧げてからパンと魚を弟子たちに渡し始めると奇蹟が起きたのです。私たちも神様に祈る時は、感謝と信仰をもって祈る者となりましょう。
 第3に私たちのもっているものを神様の御用のために喜んで献げる時に神様はそれを祝福し、神の栄光のために用いて下さるのです。5つのパンと2匹の魚をもっていた少年はイエス様に喜んで差し出しました。するとイエス様がそれを用いて下さったのです。私たちもこの少年のように自分がもっているものを神様に献げて使って頂きましょう。



2021.2.14 久保量生師
「和解の福音に生きる」 第2コリント5:14~21

 使徒パウロにとってイエス・キリストの福音は彼の人生を根本から変えるものでした。復活のキリストとの出会いは彼の生き方を大きく変えるものでした。パウロのそれまでの信仰は自力救済であり良い行いを熱心にすることにより神に認められて救いを達成しようとしました。しかし現実は自分の罪に悩んでいたのです。そんな彼に復活のキリストが現れて下さり罪からの赦しときよめを与えて下さる十字架の救いへと導いて下さったのです。神との和解がなされて神の子どもとされ神の愛の中に生きる人生へと変えられていったのです。パウロは「キリストの愛がわたしたちに強く迫っている。」と告白しています。彼はキリストの十字架の救いと神の愛に満たされて生きる者に変えられていったのです。そしてこのキリストの和解の福音に生きる者となり、和解の福音を宣べ伝える者となっていきました。
 イエス・キリストの福音は、神様と私たち人間との和解であり、神様の方から差し伸ばされた救いであります。
神は実にそのひとり子(キリスト)をお与えになられた。それは御子(キリスト)を信じる者が滅びることなく永遠の生命をもつためである。パウロはこの素晴らしい和解の福音を宣べ伝えるために献身し一生懸命に働いたのであります。そしてパウロはコリント教会の信徒に対して「わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。」と語り彼らも和解の福音を伝える使命が与えられていると教え励ましているのです。私たちもこの和解の福音によって救われ生かされている者として、まだ救われていない家族や友人のためにとりなしの祈りをしつつ、キリストの素晴らしい十字架と復活の福音を宣べ伝えていこうではありませんか。




2021.2.7 久保量生師
「キリスト教会の使命」 マタイ28:16~20


 キリストの教会とはイエス・キリストを神の御子、救い主として信じキリストの教えに従って生きる信仰と愛の共同体です。それではキリスト教会の使命は何でしょうか。
教会の第1の使命は礼拝です。教会では毎週日曜日に教会に集まり三位一体の神様を礼拝します。神様を賛美しお祈りを捧げ聖書の教えを聞きます。そして感謝の応答として献金をします。礼拝は教会の活動の中心です。イエス様は「神は霊であるから、礼拝する者も霊とまことをもって礼拝すべきである。」と教えています。私達は礼拝に参加することにより信仰が守られ強められていきます。
教会の第2の使命は宣教(伝道)です。キリストの福音を宣べ伝えていくことです。キリストが私達の罪のために十字架に架けられ身代わりの裁きを受けて下さったことと死んで三日目に復活されたことを信じる者は罪が赦され救われることを宣べ伝えていくことです。お祈りをしつつ家族や友人に福音を伝えていきましょう。教会に誘いましょう。 
 教会の第3の使命は聖書の教えによる弟子養育です。キリストは「すべての国民を弟子として父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。」言われました。
つまりイエス様の教えをしっかり守り行う人になるように
弟子教育をすることです。神を愛し人を愛する生活を深めていくことです。
 教会の第4の使命は聖徒の交わりを深めていくことです。
教会は神の家族であり主にある兄弟姉妹の交わりの場であります。愛と信仰の交わりを深め、お互いに励まし合い祈り合い共に奉仕をしていきましょう。



2021.1.24 久保量生師
「神は愛なり 第一ヨハネ4:7~219

 使徒パウロはギリシャの商業都市であったコリントの町において1年半に渡って宣教し、コリント教会が誕生し教会は成長していったのですが、教会内に分派活動や御霊の賜物についての混乱が起きて教会の一致が乱れてきました。そこでパウロは御霊の賜物の正しい理解と活用について教えたのが本日の聖書箇所です。
パウロは御霊の実が愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制で9つあるが、御霊の賜物も9つあると教えます。第一が知恵の言葉であり知識を正しく活用する賜物です。第二が知識のことばであり神の真理を悟り明確にしていく賜物です。第三が強い信仰の賜物、第四がいやしの賜物であり、第五が力あるわざを行う賜物、第六が預言する賜物、第七が霊を見分ける賜物、第八が異言の賜物、第九が異言を解き明かす賜物であります。そしてパウロは「すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられたのである。」と語り、各々の賜物を尊重し合い正しく活用していくことを勧めているのです。
 神様はキリストのからだである教会を建て上げていくために、各々の信者に御霊の賜物を与えて下さいます。ですからその賜物を感謝し神の栄光のために教会全体の益となるために活用することが大切です。そしてパウロは「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」と語り信者同士が互いに愛によって結ばれ各々が大切な存在であることを理解し、共に喜び共に悩み共に助け合い仕えていくことを勧めるのです。教会はイエス・キリストをかしらとする信仰と愛の共同体であります。



2021.1.10 久保量生師
「千代に至る恵み」 出エジプト20:1~17

 聖書の教える神様は唯一の御方でありますが、同時に三位一体の神様です。すなわち父なる神、子なる神であるキリスト、そして助け主なる神である聖霊であります。使徒パウロは勝利ある信仰生活を送るために重要なことはイエス・キリストにあるいのちの御霊と深く交わり霊的力を頂いて生きることであると教えます。聖霊に満たされ御霊に導かれて生きることによって罪に勝利する信仰者になれると証しするのです。ローマ書8章2節にあるようにキリスト・イエスの御霊の法則(原理)は罪と死との法則からの解放を与えて下さるのです。そして御霊によってあなたがたの死ぬべきからだをも、生かしてくださるのです。
 聖霊は助け主であって弱い私たちを助けて下さいます。私たちはどう祈ったらよいかわからないのですが、御霊みずから言葉にあらわせない切なるうめきをもって、私たちのためにとりなして下さるのです。(8:26)また御霊は、聖徒のために神の御旨にかなうとりなしをして下さいます。(8:27)そして万事を益として下さるのです。(8:28)        私たちの人生にはいろいろな問題が起きることもありますし、試練に出会うこともあります。しかし神様はそのことを通して私たちの信仰をきよめ強めて下さるのです。すべてのことを益に変えて下さるのです。
使徒パウロも多くの試練がありましたが信仰によって乗り越えていきました。彼は「私たちはこれらすべての事において勝ち得て余りがある。圧倒的な勝利者となる。」と勝利の宣言をしているのです。(8:37)それはパウロ自身が毎日、三位一体の神様を礼拝し神の愛とキリストの恵みと聖霊の交わりを頂いて天からの力を頂いて歩んだからです。



2021.1.3 久保量生師
「神様と交わりを深める」 第一ヨハネ1:1~10

 私たちの信仰が成長するためには神様と深く交わる必要があります。使徒ヨハネは「神は光であって神には少しの暗いところもない。」と証しています。それは第一に愛の光であります。神の愛はイエス・キリストによって示されている無条件の愛であり永遠の愛です。第二に聖なる光であります。神様は何一つ罪のないきよい御方であります。第三に義の光であります。神の御子イエス・キリストも「わたしは世の光である。わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつであろう。」と言われました。ですから神様と深く交わっていく時に神様の愛と聖さと義を頂いて品性が良くなっていくのです。
 第二に神様との交わりを弱くする要因についてヨハネは率直に語ります。それは人間の罪です。彼は「神と交わりをしていると言いながら、もし、やみの中を歩いているなら、わたしたちは偽っているのであって、真理を行っているのではない。」と言います。私たちの不信仰、不従順の罪を正直に認めて「自分の罪を告白するならば、神は真実で正しいかたであるから、その罪をゆるし、すべての不義からわたしたちをきよめて下さる。」のです。御子イエスの血がすべての罪からきよめて下さるのです。罪の告白とキリストの血によるきよめを受けることにより神様との交わりが深まっていきます。
 第三に神様の教える光の中を歩くこと、すわなち聖書の教えをしっかりと守り行うことによって神様との交わりが深められていきます。毎日「私は神様を信じます。神様を愛します。神様に従います。」とくり返し宣言して罪から離れ、みことばに従い、光の中を歩いていきましょう。



2021.1.1 久保量生師
「天地万物の創り主なる神」 創世記1章1〜31節

はじめに神は天と地とを創造された 創世記 1:1