礼拝説教の要約 2020年


2020.12.27 久保量生師
「主に感謝と賛美を」 詩篇92篇

本日は今年最後の聖日礼拝でありますので1年間の神様の守りと恵みを覚えて感謝と賛美を捧げたいと思います。
この詩篇92篇はイスラエルの民が安息日ごとに神殿に行った時にレビ人が用いた歌であります。1節から3節においては神への賛美と招きの言葉があり、4節以下においては神をほめたたえる理由が述べられています。
1節では「主に感謝しみ名をほめたたえるのはよいことです。」と語ります。すなわち神様に感謝と賛美を捧げることは神様に喜ばれることであり、私たちが幸せになる道だからです。ですから朝ごとに夕ごとに感謝と賛美をし、また様々な楽器を用いて賛美しましょうと勧めるのです。
4節では神の御手のみわざの素晴らしさのゆえに、神を喜び歌います、と証しするのです。
 さて10節から15節においては、正しい者に対する神の祝福が記されています。10節の角は力を象徴し、油は喜びを象徴します。神を信じ感謝と賛美を捧げる者は、神の力を頂き聖霊の油注ぎを頂くのです。12節においては神を信じ従う人は、なつめやしの木のようにレバノンの香油のように力強く成長し、13節においては「彼らは主の家に植えられ、われらの神の大庭に栄えます。」と約束するのです。さらに14節からは「彼らは年老いてなお実を結び、いつも生気に満ち、青々として、主の正しいことを示すでしょう。主はわが岩です。」と神を信じ従う者は、神の祝福が注がれ年老いても元気で多くの実を結ぶ者になると約束しているのです。私たちもを神様の恵みにより救われ生かされていることを覚えて、賛美と感謝を捧げていきましょう。



2020.12.20 久保量生師
「イエス・キリストの誕生」 ルカ2:1~20

クリスマスとはイエス・キリストの誕生をお祝いする時であります。ルカによる福音書第2章にイエス・キリストの誕生に関する出来事が記されています。イエス様が生まれた町はベツレヘムでした。そして場所は家畜小屋でした。神の御子であるキリストが立派な宮殿ではなく家畜小屋で生まれたのはまさに罪ある人間を救うために来られたことのしるしでありました。そして救い主の誕生の驚くべき知らせを最初に聞いたのが貧しい羊飼いでした。彼らは夜、野宿しながら羊の群れの番をしていた時に、突然、天使が現れ「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。きょうダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。あなたがたは、幼な子が布にくるまって飼葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。それがあなたがたに与えられるしるしである。」と告げたのです。
さらに天使たちの賛美が続くのでした。これを聞いた羊飼いたちは驚きながらもそのことを信じてベツレヘムに行き飼葉おけに寝かしてある幼な子イエス様に出会うのです。彼らは救い主に出会えたことを喜び神をあがめ、賛美しながら帰って行ったのでした。
クリスマスとは、この羊飼いのように私たちも神の御子であり救い主であるイエス・キリストの前に出て行って、心からの礼拝を捧げ感謝を捧げる時なのです。私たちを罪から救い永遠のいのちを与えるために人となって来て下さり、十字架による罪の贖いを成し遂げ、今も天において祈り導いておられるイエス・キリストに感謝しようではありませんか。そしてクリスマスの福音を伝えていきましょう。



2020.12.13 久保量生師
「イエス・キリストの系図」 マタイ1:1~17

マタイによる福音書1章の最初にアブラハムからイエス・キリストまでの系図が記されています。著者のマタイは家系を重んじるイスラエル人の伝統に従ってイエス・キリストの系図を記して、彼こそが旧約聖書で預言されていたメシヤ(救世主)であることを強調しているのです。1節には「アブラハムの子であるダビデの子、イエス・キリストの系図。」と記していますが、これはアブラハムの子孫でありダビデの子孫であるイエス・キリストという意味であります。さてアブラハムと言えばイスラエル民族の始祖であり信仰の父と尊敬される人物です。神様は彼に「地上のすべての民族はあなたによって祝福される。」と語られたのですがこれはアブラハムの子孫であるイエス・キリストによって成就するのであります。また神様はダビデに対して「彼は私の名のために1つの家を建て私はその王国の王座をとこしえまでも堅く立てる。」と預言者ナタンを通して語られますがこれも究極的にはイエス・キリストを通して成就していくのです。次に著者のマタイはイスラエル民族の歴史を3つに区分しています。第一の区分がアブラハムからダビデ王までの約千年の期間です。第二の区分がダビデからバビロン移住までの期間です。そして第三の区分がバビロンに移住してからキリストまでの期間であります。
またこの系図の中にタマル、ラハブ、ルツ、ウリヤの妻という4人の女性が記されています。彼らは異邦人であったり問題のあった人でしたが、あえて記されているのは神様の憐れみは人間の罪や問題も乗り越えていくということを示しているのです。イエス・キリストは私たち人間の不幸の源である罪から救うために来られたのです。



2020.12.6 久保量生師
「マリヤの信仰から学ぶ」 ルカ1:26~38

聖画の中でも有名なのが受胎告知の絵であります。神様が救い主イエスを宿らせ産み育てていくために選ばれた女性がイスラエルのナザレの町に住んでいた処女マリヤでした。マリヤは素晴らしい信仰者でありました。神様はマリヤのところに御使いガブリエルを遣わし驚くべきことを知らせるのです。「恐れるな、マリヤよ、あなたはみごもって男の子を産むでしょう。その名をイエスと名づけなさい。彼は大いなる者となり、いと高き者の子ととなえられるでしょう。」マリヤは驚いて「どうして、そんな事があり得ましょうか。わたしにはまだ夫がありませんのに。」と応答します。それは当然のことです。しかし御使いが答えて言います。「聖霊があなたに臨み、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。それゆえに、生まれ出る子は聖なる者であり、神の子と、となえられるでしょう。神には、なんでもできないことはありません。」それでマリヤは「わたしは主のはしためです。お言葉どおりこの身に成りますように」と信仰をもって応答したのでした。
マリヤの信仰から学ぶことは何でしょうか。第一に彼女は御使いのメッセージを聞いて真剣に聞いて思い巡らしました。神の御心を深く考える思慮深い人でありました。神の語りかけをよく聴いて悟る人でした。第2にマリヤは、全知全能の神を信頼する人でした。神が言われることは真実であり、必ずその通りになると確信していました。神の奇蹟を信じる人でした。第三にマリヤは神の教えに聞き従う人でした。謙遜と柔和をもって神様に従って生きる人でした。私たちもマリヤの信仰を模範としましょう。



2020.11.29 久保量生師
「キリスト誕生の預言」 イザヤ9:1~7

教会暦によると11月30日に最も近い日曜日からアドベント(待降節)になります。クリスマスに向けての備えの時期となります。それで本日はイザヤ書に記されているキリスト誕生に関する預言のみことばから学んでいきましょう。まずはイザヤ書7章14節において救い主イエス・キリストは神の超自然の力によって処女の中にみごもり男の子として生まれます。そしてその名はインマヌエルととなえられます。その意味は、「神は私たちと共におられる」です。
次にイザヤ書9書6節においてキリストは「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれると記されています。第一にキリストは「不思議な助言者」であります。イエス・キリストは神の御子であられたのに私たちを救うために人の子として生まれて下さいました。神性と人性の両方をもった神秘的な御方であります。そして私たちの助け主として来て下さいました。素晴らしいカウンセラーとして来られたのです。第二にキリストは「大能の神、力ある神」であります。父なる神と一体の御方であり天と地のすべての権威をもっている御方であります。
 第三にキリストは「とこしえの父」であります。父なる神が永遠であるように、子なる神であるキリストも永遠の御方であります。父なる神とキリストは一つだからです。
 第四にキリストは「平和の君」であります。父なる神が愛と平和の神であるように、キリストも愛と平和の御子であり平和の君なのです。キリストがこの世界に来られたのは私たちが罪から救われ神との平和をもつためであります。そして私たちが平和をつくる人になるためであります。



2020.11.22 久保量生師
「天の神に感謝せよ」 詩篇136篇

アメリカでは毎年11月の第4木曜日を収穫感謝祭の祝日としていますが、実は聖書の中に収穫感謝の祭りに関する教えがあるのです。旧約聖書の律法の中に小麦の刈り入れの祭りについての教えがあり、秋にはその年の収穫がすべて終了したことを覚えての収穫感謝祭(仮庵の祭り)が行われるのです。このように聖書はすべての作物を育てて実らせて下さる神様に感謝するようにと教えているのです。
詩篇136篇25節に「すべての肉なる者に食物を与えられる者に感謝せよ。そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。」と記されているとおりです。この詩篇136篇には「神に感謝せよ」という言葉が繰り返されています。また「そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。」という言葉も繰り返し記されています。つまり神様の恵みはとこしえにあるので私たちは神様にいつも感謝を捧げましょうと勧めているのです。
この詩篇の内容を見ますと1節から9節までは天地万物を創造された神のみわざに感謝すること、10節から22節まではイスラエル民族を救い守り導かれた神のみわざに感謝すること、23節から26節まではおそらくバビロン捕囚から助け出して下さった神のみわざに感謝することが勧められているのです。このように聖書は私たちに天の神に感謝することの大切さを繰り返し教えているのです。
使徒パウロは「いつも喜びなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことについて感謝しなさい。」と教えていますが、私たちもイエス様を信じて罪の赦しと永遠の生命を与えられていることを心から感謝して歩みましょう。また家族や周りの人々にも感謝する習慣を身につけましょう。すべての事を感謝して明るく生きていきましょう。



2020.11.15 久保量生師
「天にある神の都」 黙示録21:22~22:5

聖書は永遠の天国について教えていますが、特にヨハネの黙示録の21章と22章に詳しく記されています。天国では父なる神と御子キリストと聖霊が神の都の中心におられます。そして黙示録21章3節からあるように「神が人と共に住み、人は神の民となり人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや死もなく悲しみも叫びも痛みもない。」状態になるのです。愛と喜びと平安に満たされて生きる者になるのです。
21章10節からは栄光に輝く神の都エルサレムについての説明です。神の都は宝石のように光り輝いていて都は大きな城壁に囲まれ、12の門がありそれらの門には12の御使がいてイスラエルの12部族の名が書かれています。また城壁の12の土台石にはキリストの12弟子の名が書かれています。都はガラスのように透き通る純金でできて城壁や12の土台石や12の門も様々な宝石でできているのです。都は日や月がそれを照らす必要はないのです。なぜなら、神の栄光が都を明るくし、小羊(キリスト)が都のあかりだからです。そして都の中心におられる神と小羊(キリスト)との御座から水晶のように輝くいのちの水の川が大通りの中央を流れているのです。そして川の両側にはいのちの木があり12種の実を結んでいるのです。私たちも世々の聖徒と共に神を礼拝し永遠に生きるのです。
このような素晴らしい約束が与えられているのですから天国を目指して信仰生活に励みたいと願います。残されている地上の生活において神様に喜ばれる生き方、天において大いなる報いを頂けるような歩みをしたいものです。神様を信じ神の教えを守り行う者になりましょう。隣人を愛し仕えていきましょう。そして福音を伝えていきましょう。



2020.11.8 久保量生師
「真理に従うこと」 第一ペテロ1:13~25

初代教会のクリスチャンは聖霊に導かれて熱心に伝道したので多くの人々が救われていきました。しかし多くの迫害も受けました。そんな彼らに対して使徒ペテロは信仰の励ましと従順を与えるためにこの手紙を書いたのでした。  第一のことは13節で「イエス・キリストの現れる時に与えられる恵みを待ち望む」ことです。つまりキリストの再臨があるとクリスチャンは栄光のからだに復活し変えられるという希望が与えられているのです。第二のことは14節で従順なる子どもとなることです。神の子どもにふさわしい生活をすることです。神の真理に従う者になりましょう。
第三のことは15節、16節で聖なる神にならってあらゆる行いにおいて聖なる者となることです。神の御子キリストは聖なる御方ですが「心の清い人たちは幸いである。彼らは神を見るであろう」と教えられました。そして清い罪なき生活をされました。私たちは罪を犯しやすい者ですが十字架の主イエスを仰ぎ罪を告白し悔い改める時に罪の赦しときよめが与えられるのです。
第四のことは22節です。「あなたがたは、真理に従うことによって、たましいをきよめ、偽りのない兄弟愛をいだくに至ったのであるから、互に心から熱く愛し合いなさい。」です。イエス様は弟子たちを熱く愛して下さいました。また私たちを罪から救うために十字架の犠牲となられました。私たちもお互いに深く愛し合いましょう。第五は23節~25節です。私たちが救われたのは神の変わることのないみことばによってでした。イエス・キリストの福音を信じた結果でした。そして信仰の成長も永遠に変わらない聖書のみことばを日々、頂いてその教えを守り行うことによって起きるのです。神の真理のみことばに忠実に従いましょう。



2020.11.1 久保量生師
「天からの新しいぶどう酒」 マタイ9:14~17

イエス様の生き方は当時のユダヤ教の教えや伝統に束縛されない自由な生き方でした。ある時、バプテスマのヨハネの弟子たちがイエス様に質問しました。「わたしたちとパリサイ人とが断食しているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。するとイエス様は「婚礼の客は、花婿が一緒にいる間は、悲しんでおられようか。しかし花婿が奪い去られる日が来る。その時には断食をするであろう。」と答えられたのです。ここで言われている花婿はイエス・キリストご自身のことです。そして花婿の客とはイエス様の弟子たちのことです。救い主であるイエス様を信じ弟子として生活をしている彼らは愛と喜びと平安につつまれて生きるのだから断食をする必要はない。しかしイエス様が十字架に架けられ私たちの罪のために身代わりとなり死なれた時には断食をすると言われたのです。
さらに「だれも、真新しい布ぎれで、古い着物につぎを当てはしない。そのつぎきれは着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなるから。」と言われます。つまり新しい布は水につけると縮むので洗う時に古くなった布は引っ張られ破れてしまうという訳です。
9章17節が結論であります。「だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし皮袋も無駄になる。だから新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。そうすれば両方とも長持ちがするであろう。」この新しいぶどう酒とは、イエス・キリストの十字架による贖罪であります。私たちの罪を赦しきよめて下さる福音であります。この福音を感謝をもって信じる者は、だれでも救われるのです。罪の赦しと永遠の命を頂けるのです。ハレルヤ!



2020.10.25 久保量生師
「罪を赦す権威をもつキリスト」 マタイ9:1~8

本日の聖書箇所においてイエス様は床の上に寝かされたまま連れて来られた中風の男をいやされたことが記されています。マルコとルカの福音書ではこの中風の男を連れてきたのは4人の男であり彼らが来た時には家の中は満員で入れない状況でした。そこで彼らは屋根をはぎ穴をあけて中風の者を寝かせたまま床をつりおろしたのでありました。大騒ぎになったと思われますが、イエス様は彼らの必死の信仰を見て中風の者に「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪は赦されたのだ。」と言われたのです。それは当時のユダヤ人たちが病気は罪の結果であると考えていたので、いやしを行う前に罪の赦しの宣言をしたのであります。その言葉を聞いて近くにいた律法学者たちは心の中で「この人は神を汚している。」と言いましたがイエス様は、「人の子は地上で罪を赦す権威をもっていることが、あなたがたにわかるために」と言い、中風の者にむかって「起きよ、床を取り上げて家に帰れ」と命じたのでした。中風の男もその言葉を信じて起き上り家に帰ることができたのでした。中風の男がイエス様の言葉を信じ従っていこうと決意した時にイエス様のいやしの力が働き彼は立ち上がり歩くことができたのです。ハレルヤ。
イエス・キリストは私たち人間を罪から救って下さる御方です。また私たちの病をいやされる御方です。また悪の霊から解放を与えて下さる御方です。イエス様は天に帰られる前に弟子たちに対して「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威が授けられている。」と語られました。その権威はいつまでも続く権威です。私たちの罪を赦し病をいやして下さるイエス様を信じましょう。



2020.10.18 久保量生師
「いやし主なるキリスト」 マタイ8:14~17

アライアンス教会の創設者のA.B.シンプソンは「四重の福音」ということを唱えました。その第一は新生の福音でキリストの十字架の贖罪を信じる者は罪が赦され新しく生まれること、第二は聖化の福音でキリストを心の中に迎える者はキリストによるきよめが与えられること、第三は神癒の福音でキリストの十字架の救いには罪からの贖いだけではなく病いのいやしも含まれていること、第四は再臨の福音でキリストの再臨によってクリスチャンは栄光のからだに復活することであります。さて新約聖書の福音書を読むとイエス様が多くの病人をいやされたことが記されています。マタイによる福音書8章においてイエス様は、らい病人をいやしましたしローマの百卒長の僕の中風をいやされました。そしてペテロの家にて熱病で床についていたペテロのしゅうとめをいやされているのです。いやされ元気になったしゅうとめは喜びと感謝をもってイエス様をもてなしたのでした。さらにその日の夕暮れになると人々は悪霊につかれた者や病人をイエス様のもとに連れてきたのでイエス様はみ言葉をもって悪霊どもを追い出し病人をことごとくお癒しになりました。著者のマタイは8章17節でイザヤ書53章4節のみことばを引用し、これは預言イザヤによって「彼は私たちのわずらいを身に受け私たちの病を負うた」と言われた言葉が成就するためである」と述べています。イエス様は永遠の救い主でありいやし主です。イエス様にいやしを求める者にいやしの恵みを与えて下さる御方です。私たちに罪の赦しときよめを与えて下さるだけではなく心と体にいやしを与えて下さる御方であります。私たちも霊肉の健康と癒しのためにお互いに祈りましょう。



2020.10.11 久保量生師
「愛と平和の人になりましょう」 ローマ12:9~18

古今東西を問わず実に多くの人々が聖書に教えられている真の神様を信じて人生が変えられていきました。聖書は真の神について詳しく教えていますし私たち人間がどのように生きれば幸せになるかについても教えているのです。
イエス・キリストは聖書の中で最も大切な教えが2つあると教えられました。第1は「心をつくし精神をつくし思いをつくして、主なるあなたの神を愛すること」。第2は「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛すること」であります。神様を信じ人を愛する者は幸福になるのです。
さて使徒パウロも隣人愛の実践について詳しく教えています。ローマ人への手紙12章9節には「愛には偽りがあってはならない。」と語り、見せかけだけの愛ではなく真心から愛することを勧めます。10節では「兄弟の愛をもって互にいつくしみ、進んで互に尊敬し合いなさい。」と勧めます。神の家族とされている者として兄弟愛を深めていくことです。11節から12節においては「熱心でうむことなく霊に燃え主に仕え患難に耐え常に祈りなさい。」と信仰の道に励むようにと勧めます。13節では「貧しい聖徒を助け努めて旅人をもてなしなさい。」と勧めます。これも隣人愛の実践であります。
節は「あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。」との教えですが、これはイエス・キリストが弟子たちに教えた言葉であり、彼らはそれを実践していったのです。15節は「喜ぶ者と共に喜び泣く者と共に泣きなさい。」であり、節は「あなたがたは、できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。」です。たとえ意見の対立や争いごとがあっても愛なる神様に助けられて、平和な関係になるように努めて参りましょう。愛と平和の人になりますように!



2020.10.4 久保量生師
「初めの愛に立ち帰る」 ヨハネの黙示録2:1~7

ヨハネの黙示録は使徒ヨハネが神様からの啓示を頂いてこの世の終末に起きることを預言した書であり、イエス・キリストの再臨によって最終的な救いが成し遂げられていくことが記されています。イエス・キリストは私たちの罪を十字架において贖われ死んだ後に復活し天に昇り父なる神の右の座に着いて万物を支配し導いておられます。
本日の聖書箇所においてはトルコのエペソ教会に対するキリストのメッセージが記されています。当時のエペソの町は商業都市として発展していたのですが、アルテミス神殿などの偶像礼拝が盛んに行われている町でありました。使徒パウロが2年間に渡って伝道して建てあげられた教会として成長し、異教や異端の教えにも対抗して勝利していました。主イエス様はそのことはほめているのですが彼らの欠点を指摘して直すように命じられたのでした。
「しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。」(2章4節)つまり彼らは信仰の教えについては偽りの教えに惑わされることはなかったのですが神の愛から離れていることを指摘されたのです。初めの愛、すなわちイエス・キリストの十字架の贖罪の愛から離れていることを指摘されたのです。
ですからキリストは「あなたはどこから落ちたかを思い起こし悔い改めて初めのわざを行いなさい。」と勧めるのです。神様に喜ばれない罪を正直に認めて告白し悔い改めることが大切です。そしてキリストの十字架の血による罪の赦しときよめを頂くことです。そして謙遜な心で神の愛に感謝しながら生活していくことであります。私たちも信仰の原点、初心に帰って、神の愛に満たされて歩みましょう。



2020.9.27 久保量生師
「永遠の命を得るために」 ヨハネ3:1~16

モーセは詩篇90篇で人生は70年か80年であり時の過ぎゆくことは速く我らは飛び去るのですと述べていますが、私たちの人生もあっという間に過ぎ去っていきます。しかし聖書の神は永遠の御方であり救い主イエス・キリストを信じる者には、永遠の命を与えて下さるのであります。
本日の聖書箇所においては、ユダヤ人の指導者であったニコデモがイエス様を訪ねてきたことが記されています。彼はイエス様が多くの奇蹟を行い神の真理について教えていることを聞いて直々にイエス様に会ってお話を聞きたいと願っていたのでした。彼はイエス様が神から来られた教師であると述べています。するとイエス様は深い洞察力をもってニコデモがもっとも必要としている神の救いについて教えていきます。老人になっていたニコデモはユダヤ教のパリサイ人として律法を忠実に守り行うことによって神の国(天国)に入れて頂くことを願っていましたが、イエス様は「だれでも新しく生まれなければ神の国を見ることはできない。」「だれでも、水と霊とから生まれなければ、神の国にはいることはできない。」と教えられたのです。すなわち、私たち人間は罪ある存在であるので自分の努力で律法を守ろうとしても完全に守ることができないので、神の国に入ることはできない。しかし、自分の罪を悔い改めて神から遣わされた救い主イエス・キリストを信じる者は、罪の赦しと聖霊による新生と永遠の命が与えられることを教えられたのであります。神はそのひとり子(キリスト)を賜ったほどに、この世(人間)を愛して下さった。それは御子(キリスト)を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。(ヨハネ3:16)イエス様を自分の罪からの救い主と信じる者は、誰でも救われるのです。



2020.9.20 久保量生師
「主を待ち望み力を得る」 イザヤ40:18~31

イザヤ書40章~66章において、イスラエルのバビロン捕囚からの解放の預言とキリストによる人類の救いの預言が語られています。40章節~20節において、聖書が教えるまことの神と人間が勝手に造った偶像を比較しながら神の偉大さについて語ります。人間が造った偶像には命がなく救う力もありません。人間を造られた聖書の神様には力があり私たち人間を救う力があります。40章21節~26節において、神は万物の創造者であり支配者であることが語られています。そして40章27節~31節において、無限の力をもっておられる主なる神様を信じ待ち望む者には新たなる力を得ることができると約束しておられるのです。
私たち人間は、ある時には弱くなったり疲れたり倒れることがあります。しかし聖書の神は全知全能の神であり弱ることも疲れることもない御方です。私たちを見守り励まし力づけて下さる愛なる神様です。弱った者には力を与え勢いのない者には強さを与えて下さる御方です。(29節)
人間の力には限界があります。しかし聖書の神様には無限の力があります。神にとって不可能なことはありません。   ですから私たちは主なる神様を心から信じ従っていきましょう。弱った時には主の助けと力を頂くために祈り求めていきましょう。主を待ち望み新たなる力を頂きましょう。そしてわしのように翼をはって登っていきましょう。前進していきましょう。具体的には私たちは毎日、主のみことばを待ち望む者となりましょう。また毎日、主の御霊を待ち望む者となりましょう。そのためによく祈りたいと思います。聖霊が降ってくる時に私たちは霊的に強められて元気になるからです。そしてイエス・キリストの再臨を待ち望みつつ生活していきましょう。



2020.9.13 久保量生師
「恵みあふれる人生と家庭」 第2コリント13:11~13

聖書はまことの神様について詳しく教えて下さっています。神様は天地万物の創造者であり支配者であり永遠に生きておられて、私たち人間を深く愛し救って下さる御方であります。恵み深い神様です。ですから私たちが恵みあふれる人生となる道も恵みあふれる家庭となる道も聖書の教える神様を信じることが大切です。そして神様の恵みを頂いていくことが不可欠なのです。なぜなら神様の恵みがないと私たち人間は自己中心という罪の性質が生活の中で出てくるので、隣人との関係が悪くなりやすいからです。
使徒パウロはコリントの教会の中に争いや混乱があることを知り、教会が一致して歩んで欲しいと願ってこの手紙を書きました。そしてこの手紙の最後に祝福の祈りをしているのです。「主イエス・キリストの恵みと、神の愛と、聖霊の交わりとが、あなたがた一同と共にあるように。」(13章13節)パウロは父・御子・御霊の三位一体の神の順位をあえて変更し、主イエス・キリストの恵みを最初にもってきています。それはコリント教会の一致のためにもっとも必要なものが、主イエス・キリストの恵みであると考えたからだと思われます。そしてこれは私たち自身の信仰生活においても、家庭生活においても大切なことであります。
韓国のイ・キボク先生は「恵みがあふれる家庭は感謝が絶えない家庭です。感謝を表現しましょう。神様は感謝し夫に感謝し妻に感謝し子どもに感謝しすべてのことに感謝しましょう。そうすれば神様の恵みがさらに家庭に満ちるようになるでしょう。」と語り実践しているのです。私たちも主イエスの恵みを熱心に祈り求めていきましょう。そして、神の愛と聖霊の交わりを慕い求めていきましょう。



2020.9.6 久保量生師
「永遠の大祭司イエス・キリスト」 へブル7:16~28

へブル人への手紙はおそらくユダヤ教からキリスト教に改心したへブル人クリスチャンに書かれた手紙であり特に旧約聖書からの引用や比較が多くあります。そしてイエス・キリストは神の御子であり永遠の大祭司であると教えています。7章においてイエス・キリストは旧約聖書に登場するメルキゼデクの位に等しい大祭司であることが語られ、続いてキリストの大祭司職の特徴について語られています。キリストの大祭司職は神の特別な誓いによって制定されたこと、永遠の祭司職であること等です。古い祭司制のもとにあった祭司たちは次々に死んでいきましたが、大祭司であるキリストは永遠に生き、変わることのない祭司の務めを果たされているのです。(24節)またキリストはいつも生きていて彼らのためにとりなしをしておられるので、彼によって神に来る人々を、いつも救って下さるのです。(25節)イエス・キリストは私たちが悪魔の誘惑から守られて勝利ある人生を歩めるように愛のとりなしをして下さっているのです。イエス・キリストは聖く正しく悪も汚れもない御方であり、もろもろの天より高くされている永遠の大祭司です。(26節)私たち人間の罪を十字架の上で贖って下さった救い主です。死人の中よりよみがえり今も天においてとりなして下さっている大祭司であります。
私たちクリスチャンはこのことを感謝すると共にキリストに仕えていく者たちです。小さな祭司としてとりなす働きに召されています。家族や友人が救われるように祈る務めが与えられています。心を込めて愛のとりなしをしましょう。またイエス・キリストの素晴らしい十字架と復活の救いのみわざを語り伝えていきましょう。(Ⅰペテロ2:9)



2020.8.30 久保量生師
「祈りの手を高く上げよ」 出エジプト17:1~13

出エジプト記はイスラエルの民がエジプトにおいて苦しめられていた時にモーセを通してエジプトから脱出していく物語です。神は紅海の水を2つに分けてイスラエルの民を渡らせ、攻めてきていたエジプト軍を滅ぼされました。それで15章においてはモーセとイスラエルの人々は神への賛美を感謝をもって捧げているのです。しかし荒野の旅に入った途端に問題に直面するのです。それは飲み水の不足と食べ物の不足という問題でした。イスラエルの民はモーセに「わたしたちに飲む水をください」と訴えました。モーセは神様に叫び祈りました。すると神様は「ホレブの岩を杖で打ちなさい。そうすれば岩から水が出て民は水を飲むことができる。」と言われたので、その通りにすると岩から水が出てきてイスラエルの民は全員飲むことができたのでした。このホレブの岩はキリストの象徴であり岩から出た水は聖霊を象徴しているとパウロは説明しています。
さて17章8節から13節においてはアマレクとの戦いについて記されています。その時にモーセは祈りを優先した戦いをするのでした。彼はヨシュアをリーダーに立てて戦いに向かわせますがモーセ自身は神の杖を手に持ってアロンとホルを伴って丘の頂に登り手を高く上げて勝利を祈り続けたのです。アロンとホルも祈ったのです。モーセが疲れてくると2人がモーセの手を支えて祈り続けたのです。そしてイスラエルはアマレクに勝利したのでした。私たちの信仰生活においても色々な問題が起きたり戦いがあったりしますが、私たちには祈りを通して神様の助けを頂くこ
とができるので熱心に祈り続けていきたいものです。主にある兄弟姉妹と共に祈り合い励まし合っていきましょう。



2020.8.23 久保量生師
「赦す人になりましょう」 マタイ18:21~35

私たち人間は各々が違う個性をもち生きていますので考え方や意見の対立があったり争いがあったりします。人間には罪があるので他者に対して言葉や行いによって罪を犯しやすい傾向があります。そうすると人間関係は悪くなっていきます。イエス様はそんな私たちに改善の道を教えて下さいました。本日の聖書箇所においてペテロがイエス様に「主よ、兄弟が私に対して罪を犯した場合、何回赦すべきでしょうか。7回まででしょうか」と質問したのに答えてイエス様は「私は7回までとは言いません。7回を70倍するまでです。」と言われたのでした。つまりこれはどこまでも赦しなさいと教えられた訳です。無条件の赦しであります。まさにイエス・キリストの十字架の贖いが私たち人間の罪に対する無条件の赦しであったので、私たちはその無条件の赦しを頂いた者として生きるのであります。他者の罪を赦す時に条件をつけないで赦すのであります。
しかし人間の罪は自己中心であって神様から頂いた大きな罪の赦しには感謝しても、他者が犯している罪に対しては寛大になれずに裁きやすいものであります。イエス様は分かりやすいたとえを用いて次のように説明されました。1万タラントの大きな負債のある者が王様から赦されたにもかかわらず、100デナリを貸していた仲間を赦さずに獄に入れてしまいました。その結果、その者は罪の刈り取りをしてしまうのでした。人の罪を赦さないと本人が罪に束縛されますが、人の罪を赦すと罪からの自由と解放が与えられるのです。神様からの勝利と祝福が与えられるのです。主が私たちを赦して下さったのですから、私たちも他者の罪を赦す決断をして、赦す人になりましょう。



2020.8.16 久保量生師
「パウロが心から願うこと」 ローマ10:1~13

使徒パウロは多くの手紙を教会に送り聖徒たちの信仰を強め励まし育てていきましたがその中でも最も有名な手紙がローマ人への手紙です。そこにはキリストの救いの内容が詳しく記されているのです。私たち人間の罪を贖い救いの道を備えて下さったイエス・キリストを救い主として信じる者は罪が赦されて義と認められること、神との平和が与えられ聖霊による勝利の人生へと導かれること等が力強く記されています。パウロは異邦人への伝道者として召され熱心に福音を伝えて多くの実を結んでいました。しかし彼は同胞のイスラエル人がイエス様を救い主と信じて救われることを心から願っていたのです。10章1節にそのことが記されています。「兄弟たちよ。わたしの心の願い、彼らのために神にささげる祈は、彼らが救われることである。」ですからパウロはトルコやギリシャに伝道の旅をした時もユダヤ教の会堂があれば、そこに行ってキリストの福音を宣べ伝えていったのでした。それはパウロ自身が心から願っていたことだったからです。たとえ彼らから非難されようが何としてもキリストの福音を伝えて救いに導きたかったのです。それは彼らを心から愛していたからです。パウロは彼らが神に対して熱心ではあるが神の義を知らないで自分の義を立てようと努めている現状を改めてイエス・キリストを主として信じ救われていくことを切に願ったのです。だれでもイエス・キリストは私を罪から救って下さる救い主、神の御子として信じ告白すれば救われるのです。
イエス・キリストは世界の救い主で人種的差別も国家的差別もされません。主の御名を呼び求める者は、すべて救われるのです。私たちもイエス様を信じ証ししましょう。



2020.8.9 久保量生師
「アダムとエバの創造と役割」 創世記2:18~25

私たち人間は天地万物を創造された偉大な神様に似た者として神のかたちに造られました。神様が霊的存在であるように私たち人間も霊的存在であり神様と交わりお祈りをする生き物です。そして創世記1章28節には「すべてのものを治めよ。」と私たち人間が成すべき役割について明確に教えています。つまり神様は私たち人間に正しくこの世界を管理しなさいと命じておられるのです。いわば神の代理人としてこの世界を大切に守り治めていくようにまかされているのです。神様は私たち各々の家庭についても正しく治め管理し神様の教えに従って良い家庭を築くことを願っておられるのです。創世記2章18節~24節には神様がアダムにふさわしい助け手としてエバを造られたことが記されています。神様はアダムのあばら骨の一つを取ってその所を肉でふさぎエバを造られアダムのところに連れてこられました。エバにはアダムにふさわしい助け手としての役割・使命が与えられました。アダムとエバはエデンの園で幸せな日々を送っていましたが創世記3章では、蛇の誘惑を受けて禁断の実を二人とも食べてしまい神様に対して罪を犯してしまいます。私たち人間はアダムの原罪を受け継いでいますので正直に罪を認め赦し合うことが人間関係を良くする道であります。さてエペソ人への手紙5章22節~33節においては夫婦に関する役割と使命が教えられています。まず妻に対しては、「主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。」と教えています。まさに夫の良き助け手となることです。夫に対しては「キリストがご自分を献げられたように妻を愛しなさい。」と教えています。夫が妻を愛し妻が夫を敬う時に、夫婦生活と家庭が非常に良くなります。



2020.8.2 久保量生師
「主に寄り頼む人」 詩篇34篇

詩篇34篇はダビデが若き時にサウル王から妬まれ迫害を受けて逃亡中に作った詩篇でありますが、神への信仰に根ざした素晴らしい内容です。ダビデは少年時代から神を信じ神と深く交わる人でした。1節に「わたしは常に主をほめまつる。そのさんびはわたしの口に絶えない。」と告白します。彼はどんな時も神を信じ賛美を捧げる人でした。
またダビデは熱心に祈る人でした。祈って神からの助けと救いを頂く人でした。(4~6節)すなわち神を礼拝する人でありました。そして主の恵みふかきことを味わい知っていた人であり、神の大きな愛と恵みを頂いていました。
またダビデは、主を信頼し主に寄り頼む人でありました。(8節)彼の人生には多くの苦難や迫害がありましたが、彼は主なる神様に寄り頼み続け従っていったのです。そのことによってダビデの信仰はより強くされていきました。詩篇23篇4節に「たといわたしは死の陰の谷を歩むとも災いを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。」と記されているようにダビデはどんな困難な状況に置かれても神が共にいて助けて下さるとの確信をもち前進していったのです。そして詩篇34篇22節の結びにおいて「主はそのしもべらの命をあがなわれる。主に寄り頼む者はひとりだに罪に定められることはない。」と証しをしています。   主なる神は贖い主です。イエス・キリストの十字架による贖罪によって今もキリストを救い主と信じる者を救い続けておられます。私たちもダビデのようにいつも主なる神様を賛美し祈り礼拝する者となりましょう。そして主の恵みを日々頂いて、良い時も悪い時も全知全能の神様に寄り頼み、希望をもって明るく生きていきましょう。シャローム。



2020.7.26 久保量生師
「取税人ザアカイの救い」」 ルカ19:1~10

イエス様の時代はユダヤの国もローマ帝国の支配下にありましたので取税人たちが税金を徴収してローマ帝国に納めていました。さらにかなりの取税人が基準以上に税金を取り立てて私腹を肥やしていたようでユダヤ人たちから嫌われていました。取税人のかしらであったザアカイもその一人であり大金持ちになっていましたが、皆から嫌われて背も低かったのでチビのザアカイと呼ばれていたのです。
彼は友だちもいなく孤独な人生を歩んでいました。幸福を求めても満たされませんでした。そんなザアカイの住んでいたエリコの町にイエス様と弟子たちがやってきたのです。エリコの町は古くから栄えていた町で貿易も盛んでエルサレムから北東20kmにあって交通の要所として大切な町でした。さてザアカイは多くの病人をいやし救いに導いておられるイエス様を見たいと思って出かけて行くのですが背が低かったので群衆にさえぎられて見ることができなかったので、近くにあったいちじく桑の木に登ってイエス様を見ることができました。するとイエス様が彼を見上げて「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから。」との声が掛けられたのでした。それはザアカイを救いに導くためでした。ザアカイは喜んでイエス様と弟子たちを家に案内し食事をしてもてなします。彼はイエス様と親しく交わる中で神の無条件の愛と赦しときよさに触れることができ回心するのです。「今まで不正な取り立てをした人に償い貧しい人に施しをします。」と誓うのでした。イエス様は「きょう、救いがこの家に来た。人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである。」と言われました。誰でもイエス様を救い主、神の御子と信じる者は救われるのです。ハレルヤ!



2020.7.19 久保量生師
「福音の宣教に生きたパウロ」 Ⅰコリント9:16~27

使徒パウロはキリストに出会う前はユダヤ教徒として生きていた人でクリスチャンを迫害していましたが、使徒行伝9章に記されているように復活のキリストに出会い劇的回心をします。その時にアナニヤというクリスチャンが神の導きによってパウロを教会に導くのでした。バプテスマを受けたパウロは諸会堂でイエス様のことを宣べ伝え始めます。やがてパウロは異邦人宣教を始めましてギリシャの町にも伝道しに行きます。その当時大きな商業都市であったコリントにおいては1年半に渡って宣教を続け、コリントの人々が大勢救われ教会が建てられたのでした。
パウロは愛するコリント教会に手紙を書いて教会にある問題を解決するように助言し益々、福音宣教に励むように勧めるのです。パウロにとってキリストの福音を宣べ伝えることは神から命じられた務めであり最大の使命でありました。キリストの十字架の福音には罪の赦しときよめがあることと、病いのいやしと解放があることをパウロは知っていました。そしてキリストの復活の福音には永遠のいのちと天国とからだのよみがえりがあることを知っていました。ですからパウロは一人でも多くの方がイエス様の福音を信じて救われるために祈りつつ熱心に伝道していったのです。できるだけ多くの人が救われるように文化的適用をしながら福音を宣べ伝えていったのです。パウロは「福音のために、わたしはどんな事でもする。」と語り実践していきました。私たちクリスチャンもパウロの宣教の情熱を頂いてキリストの救いをまだ救われていない家族や友人や知人に宣べ伝えていきたいものです。家族や友人のために熱心にとりなし祈っていきましょう。愛をもって仕えつつ、キリストの福音を熱心に伝えていきましょう。



2020.7.12 久保量生師
「すべての事を感謝しなさい」 Ⅰテサロニケ5:16~24

使徒パウロは大きな伝道旅行を3回していますが第2回目の時に神様の導きによりトルコからギリシャに渡りヨーロッパ伝道が始まりました。使徒行伝17章を読むとパウロたちはテサロニケの町に行き3つの安息日に渡り熱心に伝道した結果、ユダヤ人や多数のギリシャ人がイエス様を救い主として信じました。そしてテサロニケ教会が誕生したのでした。その後、パウロたちはアテネに行くのですが、テサロニケ教会の信徒に励ましと信仰の成長のために手紙を書いたのでした。
パウロは1章において彼らの熱心な信仰をほめています。2章~3章では、彼らとの再会への熱い思いを語ります。そして4章においては、神の召しにふさわしく歩むこと、5章においては、神に喜ばれる生活について具体的に教えたのです。特に5章16節から18節までは、私たちクリスチャンが心がけるべき大切なみことばでしょう。
第1は「いつも喜んでいなさい。」です。私たちは神様から愛されていること、イエス様の十字架の救いを頂いていること、聖霊と共に生きることのゆえに、神様を賛美し喜ぶことができるのです。私たちもパウロのように、主にあって喜ぶ者であり、心から賛美する者でありたいものです。
第2は「絶えず祈りなさい。」です。祈りとは霊的呼吸であり神様との交わりです。祈りを通して神様に近づき神様からの導きを頂きます。私たちは朝ごとに夕ごとに祈りましょう。事あるごとに祈り、神様と深く交わりましょう。
第3は「すべての事について感謝すること」です。パウロは万事を益として下さる神を信じていました。人間的に見て良い事も、悪い事もすべて益となることを経験していました。私たちもすべての事を感謝する者になりましょう。



2020.7.5 久保量生師
「天に宝をたくわえなさい」 ルカ12:22~34

私たち人間は地上に富をたくわえるために頑張りますがイエス様は天に宝をたくわえなさいと教えられました。地上の富や財産は一時的なものでありますが、尽きることのない天に宝をたくわえる人は、永遠に残る富を所有する人になれるからです。イエス様はある金持ちのたとえ話をもちいて自分のために宝を積んでも神に対して富まない者は永遠に残る富はないことを明確に教えられました。
それでは天に宝をたくわえる生き方とは、どのような生き方でありましょうか。まずはあらゆる貪欲に対して警戒することです。昔も今も私たちを誘惑し堕落させるものの一つが貪欲の罪であります。私たちは金銭への貪欲や物質に対する貪欲などに縛られやすい弱さがあることを認めて悔い改めましょう。また思い煩いすぎないように気をつけることも大切です。心配しすぎると心も体も弱くなります。積極的に天に宝を積む力が出てきません。
私たちは神様を信頼し神の御国を求めていきましょう。神第一の信仰生活に励みましょう。教会生活に励み神の家族である主にある兄弟姉妹との交わりを深くし、お互いに励まし合い助け合って、仕えていきたいと願います。
次に肉の家族に対して、深い家族愛をもって夫婦の愛の生活、親子の愛の生活を深めていきたいと願います。
また隣人に対して愛をもって仕えていきたいものです。特に困難な状況にある人々や貧しさの中で苦しんでいる人々に対して私たちにできることをしていきたいものです。イエス様は「自分の持ち物を売って施しなさい。自分のために古びることのない財布をつくり、盗人も近寄らず、虫も食い破らない天に、尽きることのない宝をたくわえなさい。」と教えられ貧しい人を助けられたのです。



2020.6.28 久保量生師
「敬天愛人の生き方」 ルカ10:25~37

幕末から明治維新にかけて活躍した西郷隆盛は漢訳の聖書を読みキリストの教えを学んだ人物であったと言われますが、彼の好んだ言葉が「敬天愛人」でした。天とは聖書の教える神様のことでありまして人間の正しい生き方とは天の神を敬い人を愛する生き方だと理解し実践したのです。
さて今日の聖書箇所には、ある律法学者がイエス様を試みようとして質問します。「先生、何をしたら永遠の生命が受けられますか」と。するとイエス様はすぐに答えずに「律法にはなんと書いてあるか。」と逆に質問します。すると律法学者は、「神を愛することと隣り人を愛することがもっとも大切な戒めです。」と答えるのです。それに対してイエス様は「あなたの答は正しい。そのとおりに行いなさい。そうすれば、いのちが得られる。」と答えたのでした。すると律法学者は「では、わたしの隣り人とはだれのことですか」と質問します。するとイエス様は良きサマリヤ人のたとえを用いて答えられたのです。「ある人がエルサレムからエリ子に下って行く途中で強盗どもに襲われ傷を負わせられ倒れていました。すると祭司がやってきましたが倒れている男を無視して行ってしまいます。次に来たレビ人も同様にしたのです。ところが次に来たサマリヤ人は倒れている人を見て気の毒に思い彼を宿屋にまで連れて行って介抱してあげたのです。」イエス様は律法学者に対してこのサマリヤ人のように問題を抱えて困っている人、助けを必要としている人に慈悲深い行いをする人こそが、神に喜ばれる人であり、永遠の生命を頂く人であると教えられたのでした。
私たちも、心から神様を信じ敬う信仰生活に励みましょう。そして隣り人を助け仕えていく隣人愛の実践に励んでいきましょう。



2020.6.21 久保量生師
「奇蹟を行われるキリスト」 ルカ8:40~56

イエス・キリストは公生涯において多くの病人をいやされましたが、今日の聖書箇所においては12年間も長血をわずらって苦しんでいた女をいやす奇蹟を行われたのです。この女は長血の病いからのいやしを求めて、多くの医者に通ったのですが全く直らなかったのでした。
そのような絶望的な生活を送っていた彼女でしたが、イエス・キリストが多くの病人をいやしているとの噂を聞いて最後の望みを抱いてイエス様に近づきみ衣のふさに触ったところ、ただちに長血が止まりいやされたのでした。彼女はイエス様から「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。」との励ましの言葉を頂いたのでした。その後の彼女の人生は大きく変えられていったことでしょう。
 さて、続いてイエス様がなされた奇蹟は、ユダヤ教の会堂管理人のヤイロさんの12歳のひとり娘が死んでしまったのですが、イエス様が彼女を生き返らせるという驚くべき奇蹟のみわざでした。娘が死んで悲しみにうちひしがれているヤイロに対して主イエスは「恐れることはない。ただ信じなさい。娘は助かるのだ。」と言われました。そしてイエス様は死んだ娘のところに行き娘の手を取って大胆にも「娘よ、起きなさい。」と命じると娘の霊が彼女の中に戻ってきて娘は生き返り立ち上がったのでありました。ハレルヤ!両親は驚きつつもイエス様に心からの感謝をしたことでありましょう。私たちの信じているイエス・キリストは永遠に生きておられて多くの病人をいやしておられます。また死人をよみがえらせる力をもっておられます。私たちもこの世の終わりには、永遠に朽ちることのない栄光のからだに復活させて頂いて、神様と共に永遠に生きるのです。



2020.6.14 久保量生師
「種まきのたとえ」 ルカ8:4~15

イエス様は神の真理について分かりやすいたとえを用いて教えて下さいましたが、本日の「種まきのたとえ」もその一つです。種まきが種をまきに行ったのですが、ある種は道ばたに落ちたため踏みつけられて、空の鳥に食べられてしまいました。この種とは神のみことばでありキリストの福音のことです。イエス様は神の教えを聞いても固い心で受け入れない人は、悪魔によってみことばが奪い取られてしまう人だと教えられたのです。またある種は岩の上に落ちたので水気がないので枯れてしまいました。この人は最初は神のみことばを受け入れますが、試練の時がくると信仰を捨てる人だと教えられました。信仰の土台がしっかりしていないので実を結べないのです。私たちは信仰生活の土台である毎日の神様との交わり、すなわち一日に数回は神様を礼拝する習慣をつくることが大切です。時間を聖別して賛美と祈りと聖書の朗読の時を毎日もちましょう。
またある種はいばらの中に落ちたので、日を過ごすうちに生活の心づかいや富や快楽にふさがれて、実が熟するまでにならない人だと教えられました。私たちは思い煩う時には神に祈りゆだねて重荷を降ろしましょう。また富への執着心や快楽の誘惑から守られるように祈りましょう。
イエス様は最後に百倍の実を結んだ種について話されました。良い地に落ちた種とは、神のみことばを聞いた後、これを正しい良い心でしっかりと守り、忍耐をもって信仰の良き行いに励んだ人のことであります。良い農夫は種をまいたら、成長していくために水を注ぎ肥料を与えます。雑草を取り除き、忍耐をもって育てていきます。信仰者の生活も同じです。試練や問題を乗り越えて、神に従うことを通して実を結ぶ人になれるのです。アーメン!



2020.6.7 久保量生師
「教会の4つの使命」 使徒2:37~47

ウェストミンスター小教理問答書に「人の主な目的は神の栄光を現し永遠に神を喜ぶことである」との有名な言葉がありまして、キリスト教会の目的も同じことが言えると思います。そしてそのことを具体的にまとめると教会には4つの使命があると言えます。
第1の使命は神様に礼拝を捧げることです。神様の愛と恵みと救いに感謝し心からの賛美を捧げ祈りを捧げ献金を捧げます。また牧師の説教を通して聖書より神の教えを聴きます。そして神の導きと聖霊の満たしを頂きます。安息日を覚えて聖なる日とせよとの十戒の教えにあるように、クリスチャンは日曜日の教会の礼拝を厳守し神第一の信仰生活をします。また家庭礼拝をもつことも大切です。
第2の使命は聖徒の交わりをすることです。私たちクリスチャンは同じ神様を信じ救い主イエス・キリストを信じて救われた神の家族です。主にある兄弟姉妹です。使徒行伝2章を読みますと初代教会のクリスチャンは神の家族として共に食事をしお互いに祈り合い協力し合い助け合って生活していたのです。親密な交わりがあり兄弟愛を実践していたのです。私たちも信仰の交わりを深めましょう。
第3の使命は信徒の教育と奉仕です。聖書にもとづくキリスト教教育であり弟子づくりです。イエス様の弟子づくりは、実践の中で奉仕の中で教育していきましたが、私達も教会の奉仕を共にする中で信仰が成長していくのです。
第4の使命は伝道です。キリストの福音の宣教です。初代教会の信徒は熱心に伝道して多くの人々を救いに導きました。全員で伝道に励みました。私たちも聖霊に導かれて家族や友人や知人にイエス様の救いを宣べ伝えて救いに導きましょう。伝道チームを作り共に伝道していきましょう。



2020.5.31 久保量生師
「聖霊に満たされた弟子達」 使徒2:1~25

キリスト教会にとって大切な祭日が3つあります。第1はイエス様の誕生をお祝いするクリスマス、第2がイエス様の復活をお祝いするイースタ―、第3が聖霊降臨をお祝いするペンテコステです。本日は聖霊の降臨によって初代教会が誕生した記念日であります。またこの日はユダヤ教においては7週の祭りの日でありモーセに十戒が与えられた日とされています。さてイエス様は復活した後に弟子たちに現れて大切なことを預言されました。それはまもなく弟子たちに約束の聖霊が降ってくるので祈って待ち望みなさいということでした。そして天に昇って行かれました。
弟子たちは10日間、エルサレムに留まってひたすら聖霊が降ってくるのを祈りつつ待ち望んだのでした。その時に自分たちの不信仰、不従順の罪を悔い改めたことと思います。そしてついに五旬節の日に約束の聖霊が弟子たちの上に激しく降ってきたのでした。激しい風の如く熱い炎の如くに降ってきたのでした。すると弟子たち一同は聖霊に満たされて、神の大きな救いの働きについて色々な他国の言葉で語り出したのです。驚いた群衆に向かってペテロが証しをしました。「私たちは酒に酔っているのではない。ヨエル書2章で預言されたことが今、成就したのだ。すなわち終わりの時に神の霊が注がれて神の僕たちが預言をしたのだ」と。そしてペテロはイエス・キリストの十字架と復活について力強く証ししたところ、多くのユダヤ人が自分たちの罪を悔い改め、救い主イエス様を信じてバプテスマを受けてクリスチャンとなったのです。何と3千人もの人々が一挙に救われて、初代教会が誕生したのでした。
私たちも熱心に祈り聖霊に満たされて力強い主の証し人になり、家族や友人に福音を伝えて救いに導きましょう。



2020.5.24 久保量生師
「全能の神の守りを信じよう」 詩篇91篇

今年は新型コロナウィルス感染の脅威が日本においても世界においても拡大し、莫大な被害をもたらしています。多くの人々が不安を抱え不自由な日々を過ごしています。今こそ私達は心の支えとなり守って下さる存在が必要なのではないでしょうか。聖書には私達人間を愛し守って下さる偉大な神様について詳しく書かれています。神様は天地万物を創造し私達人間を神のかたちに造られ神の愛の対象者として造られ、私達の罪を神の御子イエス・キリストによって救って下さる御方です。心から神様を信じる者を守って下さる御方であります。
さて詩篇91篇は、まさに全知全能の神様の守りを確信する信仰者の証しの詩篇です。
全能者なる神を信頼し避け所とする者は、狩人の罠からも恐ろしい疫病からも助け出されます(3節)。親鳥が羽を広げてひな鳥をおおって下さるように、あなたを守って下さいます(4節)。夜も昼もあなたを脅かす者からあなたを守って下さるのです(5~6節)。主を避け所としたので戦いの中でも守られます(7~9節)。あなたは災いからも守られます。それは神様が天使たちに命じてあなたの道を守って下さるからです(11節)。聖書は天使の存在と働きについて詳しく教えています。今も天使は神様の指示に従って行動し私たちを助け守って下さるのです(12節)。そしてあなたは神様によって強くされ悪しき霊に勝利する者になるのです(13節)。
神様を愛し離れない者は助けと守りがあり、神様を呼び求める者は答えられ救われます。また長寿と幸せが与えられるのです(14~16節)。私達も全知全能の神様を信頼して、平安で幸せな人生を送ろうではありませんか。



2020.5.17 久保量生師
「絶えず祈る習慣を身につける」 ルカ11:1~13

イエス・キリストのご生涯について記されている福音書を読んで分かることは、イエス様は毎日、熱心に祈る人であったということです。早朝の祈りがあり断食の祈りがあり徹夜の祈りもされました。それは天の父なる神との交わりの時であり、霊的パワーを戴く時であったのです。
12弟子もイエス様から「主の祈り」を教えて頂き祈る人になっていきました。神様に賛美と感謝の祈りを捧げること、自分の罪を告白し悔い改める祈りをし、自分のために必要なことを祈るように成長していきました。私たちクリスチャンも「主の祈り」にもとづいて朝ごとに夕ごとに熱心に祈る習慣を身につけていきたいものです。祈りは私たちを神に近づかせて神との親しい交わりに導いて下さいます。
 祈りの生活が深まると素晴らしい祝福が与えられます。第一の祝福は、生ける真の神様のご臨在を感じるようになります。神様がイエス様が共にいて下さると実感できるようになるのです。第二の祝福は、聖霊の力に満たされてきます。御霊の実である愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制の9つの実を結ぶ生活になっていきます。第三に、神様の教えを守り従うようになり、自己中心から解放されて神中心の生活をするようになります。神の御心を行える人に成長していきます。神を愛し隣人を愛する人に変えられていきます。また伝道の実を結ぶ人になります。
私たちは時間を決めて一日に三回は祈る習慣をつくっていきましょう。短い時間でもよいので実践していくと神に心が向けられるので神との深い交わりが与えられ祝福されるのです。私たちの教会では、午前9時、午後3時、午後9時からの同刻祈り会が始まりました。絶えず祈る習慣を身につけて、神との交わりを深めていきましょう。



2020.5.10 久保量生師
「あなたの家族も救われます」 使徒16:16~34

「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます。」と教えたのは使徒パウロがピリピの看守に対してでした。看守はそのことを信じて救われましたが、彼は家族一同が救われるようにパウロのもとに家族を導きキリストの福音を聞かせたので彼らも主イエス様を信じて一緒にバプテスマを受けることができたのです。ですからイエス様を信じたら家族の者が自動的に救われるのではなく、救いを受けた者がまだ救われていない家族によく祈り愛して伝道していくことによって彼らが救われていくのです。ですから家族が救われやすい環境づくりに励むことが大切なのです。
神の救いの働きは根本的には神ご自身の働きですが、神を信じた人を用いて働かれるということを覚えましょう。パウロとシラスは牢獄に捕らわれていましたが賛美と祈りを捧げ続けていました。ピリピの人々が救われるために祈っていたことでしょう。そして彼らの祈りは聞かれ、獄屋の番人が救われたのです。さらに彼の家族も救われたのです。私たちの家族が救われるための環境づくりの第一のことは、毎日、家族の救いのために名前を上げて祈ることです。家族が救われる幻をもって信仰を働かせて祈り続けることです。神の約束のみことば、聖書のみことばを握って祈ることです。聖霊により祈り続けることです。第二のことは家族に対する愛の関係づくりを深めることです。言葉において行いにおいて家族愛を示すことです。そして第三のことは、キリストの十字架の贖罪と復活による永遠のいのちの福音を分かりやすく伝え、信じるように伝道することです。



2020.5.3 久保量生師
「主はあなたを守られる」 詩篇121篇

 詩篇120篇~134篇は神の都であるエルサレムに巡礼する人達によって歌われた「都上りの歌」です。イスラエルの国では古くから過越の祭、七週の祭、仮庵の祭の時に多くのユダヤ人が標高790mの台地にあるエルサレムに行き、神殿にて礼拝を捧げお祝いする習慣がありました。
 本日の詩篇121篇には、巡礼者たちの率直な気持が表現されています。当時の巡礼の旅は電車も自家用車もない時代であり、基本的には徒歩での長旅でしたので、疲れたり途中で盗賊に襲われる危険性がありました。ですから彼らは神様の守りを祈りつつ旅をしたのです。彼らはエルサレムに向かう途上で見える山々を見上げながら「わたしは山に向かって目をあげる。わが助けはどこからくるか。わが助けは天と地を造られた主から来る。」と告白をし、「見よ、イスラエルを守る者はまどろむことがない。」すなわち、うとうとと眠ることもない御方であると信頼したのです。
私たち人間は眠る時が必要ですが、天地万物を創造された神様は疲れることも眠る必要もない御方です。昼間の太陽の暑さからも守って下さり、夜の危険からも守って下さる御方であります。7節においては「主はあなたを守って、すべての災いを免れさせ、あなたの命を守られる。」と力強く宣言して下さるのです。
そして、しめくくりの8節においては、「主は今からとこしえに至るまで、あなたの出ると入るとを守って下さる。」と確信を与えて下さるのです。この詩篇において「主があなたを守られる」という言葉が6回も繰り返されています。私たちも共にいて守って下さる全能の神様を信頼し、主にある兄弟姉妹と共に、信仰生活に励んでいきましょう。



2020.4.26 久保量生師
「あなたは何を優先しますか」 ルカ10:38~42


 私たちは神様から自由意志が与えられていますので自分にとって価値があるものを大切にし、優先して生きていく傾向があります。私たちクリスチャンは聖書の教えを大切に守ることを優先して生きるように努めます。イエス様は、神の国と神の義を第一に求めることが大切であると教えられました。
 今日の聖書箇所には、まさに何を優先すべきであるかということが記されています。イエス様と弟子たちが旅を続けエルサレム近郊のベタニヤのマルタとマリヤの家に来られた時のことでした。この二人はすでにイエス様を救い主と信じていた者ですが、姉のマルタは接待のことで忙しく働いていたのと対照的に、妹のマリヤは手伝いもせずに、イエス様の足もとにすわってイエス様の話されるみことばに聞き入っていたのです。それを見たマルタはイエス様の
ところに行って不満を述べ、妹が私の手伝いをするように言って下さいとお願いしたのです。しかしイエス様はマルタに対して分かったとは言わないで「マルタよ、あなたは多くのことに心を配って思い煩っている。しかし無くてならぬものは多くはない。マリヤはその良い方を選んだのだ。」とたしなめられたのでした。すなわちマリヤはイエス様の考えや気持ちを察して、今イエス様が願っていることを優先したのです。マリヤは主の御声を聴くことを第一にしたのでした。主への奉仕をすることは大切ですが、その前に主との親しい交わりの時をもつことがもっと大切です。
私たちも世々の聖徒が朝ごとに夕ごとに主なる神様との親しい交わりの時をもったように、時間を決めて優先的にデボーションの時をもち、神のみことばに聴従し祈りと賛美をもって、神様との親密な深い交わりをしていきましょう。



2020.4.19 久保量生師
「千代に至る恵み」 申命記5:1~21

 神様はエジプトで奴隷として苦しんでいたイスラエルの民をモーセを通して脱出させ、その後にイスラエルの民が守るべき戒めを多く与えましたがその中心が十戒でした。そして荒野の40年の旅が終わり約束の地カナンに入る前にもう一度、十戒をイスラエルの民に授けるのでした。
 第一戒は「あなたはわたしのほかに何ものをも神としてはならない。」です。天地万物を創造された唯一の神様だけを信じ礼拝することです。第二戒は「偶像を造ったり拝んではいけない。」です。偶像礼拝の罪は重くその影響は三~四代に及ぶと警告します。反対に神を愛し神の戒めを守る者には恵みを施して千代に至るであろうと約束するのです。第三戒は「主の名をみだりに唱えてはならない。」です。つまり神様ご自身を畏れ敬う心をもつことの勧めです。第四戒は「安息日を守って神を礼拝するために聖別する」ことです。クリスチャンにとっては日曜礼拝厳守を意味します。キリストの贖罪と復活により救われたことを感謝する日です。この四つの戒めをまとめると「あなたは心をつくし精神をつくし力をつくしてあなたの神、主を愛さなければならない。」(申命記6:5)になります。さて第五戒から第十戒は正しい人間関係についての教えです。第五戒は「あなたの父と母とを敬え」です。そうすると長寿の恵みと幸福が約束されています。第六戒は「あなたは殺してはならない。」で神から与えられている生命の尊さを教えています。第七戒は「あなたは姦淫してはならない。」。第八戒は「あなたは盗んではならない」第九戒は「あなたは隣人について偽証してはならない」第十戒は「あなたは隣人のものをむさぼってはならない」で、一言でまとめると「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」となります。



2020.4.12 久保量生師
「イエス・キリストの復活」 マルコ16章

 本日はイエス・キリストの復活を記念し祝うイースタ―礼拝です。新型コロナウィルス感染が日本中で世界中で広がっている状況の中で私たちも不安になりやすいですが、大切なことは神様を見上げて祈り平安な心を頂き詩篇91篇にあるように「主は恐ろしい疫病から助け出されるからである」とのみことばを信じ唱えていくことです。すなわち神様の守りの約束のみことばを握って生活することであります。さて本日の聖書箇所はイエス・キリストの復活の出来事を記したところですが、第一に覚えたいことはイエス・キリストは12弟子たちに対してご自分の復活について前もって預言していたという事実です。私たち人間は明日のことや自分が将来どのような人生になるのかよく分からないのですが、神の御子であるキリストには全部理解することができたのです。未来を察知する超能力があったのです。第二に覚えたいことはマルコの福音書16章に記されているようにイエス・キリストは預言通り復活されたという事実です。イエス様の復活の姿を最初に見た人は女弟子のマグダラのマリアでした。彼女はかつては7つの悪霊に縛られ苦しんでいたのですが、イエス様によって悪霊から解放され、イエス様の弟子として献身的に仕えていた人です。またイエス様はエマオ途上の二人の弟子に現れ、その日の夕べには11弟子にも現れて下さったのです。弟子たちは復活のイエス・キリストを見て人生が変わりました。聖霊を受けて大胆にキリストの福音を宣べ伝え始めたのです。
大切なことは、信仰の目をもって今も生きて働いておられる復活のイエス・キリストを仰ぎ見つつ生きることです。



2020.4.5 久保量生師
「キリストの受難預言」 イザヤ書53章

今週はイエス・キリストが私たち人間を罪から救うために十字架につけられて贖罪の苦しみを受けて下さったことを記念し感謝する受難週であります。このキリストの十字架の出来事こそがキリスト教信仰の核心的部分であります。なぜならキリストの十字架の苦難なくして私たち人間の罪が赦され救われる道はまったくないからです。ですから、神様はイエス・キリストに関する預言を旧約聖書において啓示されている訳ですが、特にイザヤ書において多く預言されています。たとえばイザヤ7章14節の処女降誕の預言や9章6~7節のメシヤ預言が有名ですが、イザヤ書53章はキリストの受難の預言としてよく知られている聖書箇所です。イザヤという預言者は紀元前700年頃に活躍した大預言者ですが、神の霊感を受けてキリストの十字架の苦難をまるで映像で見たかの如くに伝えているのです。
イエス・キリストは主の前に若木のように育ちました。
神に守られ神に従って成長していきました。そして30歳になってからは公生涯にはいり神の真理について教え多くの病人をいやされ悪霊につかれていた人を解放してあげました。その結果、ユダヤ教の律法学者やパリサイ人たちから妬まれ侮られ迫害され最後は十字架の処刑を受けたのでした。しかしそれは神の救いのご計画の成就とであったのです。イザヤ書53章5節には「しかし彼(キリスト)は我々のとがのために傷つけられ我々の不義のために砕かれたのだ。彼(キリスト)はみずから懲らしめを受けて我々に平安を与え、その打たれた傷によって我々はいやされたのだ。」と記されています。まさにキリストの十字架の贖罪の預言なのです。このキリストによる十字架の贖罪を心から信じる者は誰でも罪が赦されて救われるのです。ハレルヤ!



2020.3.29 久保献一師
「目をあげて畑を見なさい」 ヨハネ4:31~38

人が生き続けていくためには様々なものが必要ですが、その一つに食事をとることがあげられます。イエス様はご自身の食物について語られます。この前後には、サマリヤの女の救いについて書かれています。イエス様の食物というのは、わたしをつかわされたかたのみこころを行い、そのみわざをなし遂げることです。食事の時の食物は受けるものですが、イエス様は十字架の死と復活を通して人に永遠の命の道を与えて下さいました。それがイエス様の霊的な食物です。
さて35節で弟子たちは刈り入れ時までにまだ四ヶ月あると言っているが、イエス様ははや色づいて刈り入れを待っていると言われます。刈り入れるためには、適切な時期まで時間を要しますが、イエス様が言われる霊的な事柄の時期においては、時間的なギャップがありません。私たちクリスチャンはいつも永遠の命に至る実を刈り入れるための備えをしていきましょう。そしてイエス様は弟子たちに目をあげて畑を見なさいと語られます。その場所はサマリヤ地方です。ユダヤ人はサマリヤ人と付き合いをせず、避けて通るような土地でした。その場所でイエス様は永遠の命に至る実の刈り入れについて語られました。使徒行伝ではサマリヤへの福音宣教について書かれています。その間に起こったことはイエス様の十字架の死と葬りと復活、そして聖霊降臨です。当初弟子たちはサマリヤ地方への福音宣教は頭になかったと考えられます。そのように今私たちが考えてもいない計画を主は準備されているかもしれません。イエス様は永遠の命に至る福音宣教の働きが日々の必要な食物でした。私たちクリスチャンに日々必要な食物は何でしょうか。



2020.3.22 久保量生師
「エジプトからの脱出」 出エジプト記14章

神様はエジプトで苦しめられているイスラエルの民を救うためにモーセを立てて様々なしるしを行わせてエジプトからの脱出を導かれました。エジプトの王パロはモーセが行った災いによって仕方なくイスラエルの民(約200万人)の解放を認めたものの、やがて心変わりをしてイスラエルの民を取り戻すために軍隊を派遣していきます。
エジプト軍が近づいてきたことを知ったイスラエルの民は動揺し恐れました。しかしモーセは「あなたがたは恐れてはならない。かたく立って、主が今日、あなたがたのためになされる救いを見なさい。主があなたがたのために戦われるから、あなたがたは、ただ黙っていなさい。」と語り神様の導きに従って杖を上げ手を海の上にさし伸ばすと、海が分かれて陸地となりイスラエルの民は全員そこを渡ることができたのでした。しかし後から攻めてきたエジプト軍に対して神様は海を元の状態に戻されたので彼らは海の中に沈められてしまったのでした。そしてイスラエルの民は神による奇蹟による救いを体験し、心から主なる神様と神のしもべモーセを信じ、感謝したのでした。
神様は様々な試練や問題に直面する私たちに対しても「あなたがたは恐れてはなりません。」と語って下さっています。イエス様も試練に直面した弟子たちに対して「恐れてはいけない」と励まされました。恐れから逃れる道は、主なる神様を見上げ信頼すること、救いが必ずくることを信じること、主が解決して下さると信じることです。
そして、モーセが信仰をもって手を伸ばしたように私たちも主のご命令や導きに応答して従順することです。



2020.3.15 平岡修治師
「最も大切なこと」 伝道の書12:1、13


2020.3.8 久保量生師
「光の子らしく歩きなさい」 エペソ5:1~21

使徒パウロはエペソ人への手紙第2章において、罪ある私たちが救われたのはキリストの贖罪のゆえであり、ただ一方的な神の恵みによるのであり信仰によるのであることを教えています。そしてイエス様を救い主として信じてクリスチャンになった私たちがどのような信仰生活を送ればよいのかについて、4章から6章において具体的に教えているのです。本日は5章から学びますが、第一のことは神にならう者として愛のうちを歩むことです。キリストの生き方を模範として神を愛し隣人を愛する生き方に励むことです。私たちは良きサマリヤ人になって、隣人を愛し困っている人を助ける人になりましょう。
第二のことは光の子らしく歩むことです。世の光であるイエス・キリストに従い、罪の生活からきよめられてあらゆる善意と正義と真実のうちに歩むことです。神のみことばと御霊によって言葉においても行いにおいてもきよく正しい生活をするのです。イエス様は「あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして人々があなた方のよい行いを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」と教えられました。
 第三のことは賢い者のように歩むことです。そのために必要なことは、今の時を十分に生かして用いることです。正しく管理して優先順位をつけて神のため、隣人のために貢献する生活を送ることです。ですから主の御心は何であるかをよく聞き、聖霊に満たされ導かれていく生活を送ることです。いつも主に心からの賛美を捧げ祈りを捧げすべてのことを感謝して明るく生活すること、そして高ぶることなく謙遜な心で愛をもって互いに仕え合っていくことです。そのような人は、必ず幸せな人になれるのです。



2020.3.1 久保量生師
「御霊によって歩きなさい」 ガラテヤ5:13~26

イエス・キリストによって教えられた真の神様は、父・御子・御霊の三位一体の神様です。それはマタイによる福音書28章19節に記されています。クリスチャンは天の父なる神、救い主であり子なる神であるキリスト、そして助け主である御霊なる神を信じているのです。ですから天の父なる神と神の御子キリストを正しく知り深く体験するためには聖霊様との交わりが大切となります。毎日、聖霊様を歓迎し信頼し聖霊様と交わり聖霊の力を頂いて生きる時に勝利ある生活を送る者になるのです。パウロはガラテヤ書5章16節で「御霊によって歩きなさい。そうすれば決して肉の欲を満たすことはない。」と断言します。すなわち神の御霊に満たされ御霊に導かれる生活していくならば「不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、妬み、泥酔、宴楽など」の罪から守られきよめられていきます。そして御霊の実を結ぶ者になるのです。第1の実は愛です。神は永遠の愛、無条件の愛をもって私たちを愛しておられます。この神の愛を信じキリストの救いを信じる者は愛の人に変えられていきます。第2の実は喜びです。それは神に愛され救われている喜びです。キリストの愛を頂いて隣り人を愛するゆえの喜びです。第3の実は平和です。神との平和にもとづく平和な心、平安です。第4の実は寛容です。これは自分に敵対する者に対して忍耐し赦すことです。第5の実は慈愛です。他者に対して親切にしてあげることです。第6の実は善意です。良いことをしてあげることです。第7の実は忠実、誠実です。第8の実は柔和です。第9の実は自制です。
キリスト者とは、神の御霊により導かれて歩む者たちです。



2020.2.23 久保量生師
「サマリヤの女の救い」 ヨハネ4:1~26

イエス・キリストはどんな罪深い人をも愛し救いに導いて下さる救い主です。当時のユダヤ人は混血民族であったサマリヤ人を差別し交際しませんでしたが本日の聖書箇所においてイエス様は自分の方からサマリヤ人を救うためにサマリヤへ行き真昼頃に井戸のほとりに座っているとひとりのサマリヤの女が水をくみに来たので自分の方から「水を飲ませて下さい。」と声を掛けて二人の対話が始まりました。そしてイエス様は井戸の水から永遠の命に至る水へと話をしていきます。「この水を飲む者はだれでも、またかわくがわたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」と言われたのです。実はこの女は結婚と離婚を5回も繰り返している不貞の女性でありましたが、イエス様の導きによって見事に救われていくのです。人は誰でもイエス・キリストと出会い交わる中で自分の罪に気づき悔い改めて神を信じ救い主を信じて回心へと導かれていくのです。ここに示されている永遠の命に至る水とは、神の御霊、聖霊のことであります。イエス様はヨハネによる福音書7章37~38節において叫んで言われました。「だれでもかわく者は、わたしのところにきて飲むがよい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう。」と。このサマリヤの女はイエス様を信じてから人生が変わりました。町の人々にイエス様のことを宣べ伝えたのです。そしてそれを聞いた人々もイエス様を救い主として信じ救われたのです。私たちも自分の罪からの救い主として、また人類の罪からの救い主としてイエス様を信じイエス様の救いを伝えていきましょう。



2020.2.16 久保献一師
「主人としもべの関係」 ルカ19:11~27

私達は必ずと言っていいほど、対人関係を持ちながら、生活をしています。相手を知るにつれて、その人に対する自分の行動が現れてくることはないでしょうか。例えば、この人は話しを聞くのが上手だから、相談してみようなどです。今日のイエス様の例え話では、イエス様が十字架にかけられて死なれ、三日目によみがえられ、天に昇られてから、再臨まで、クリスチャンの生き方について語られています。イエス様が望んでおられるのは、私たちが主から預けられたものを活かし、発展させることです。
しかし例え話に出てくる悪いしもべのように与えられた1ミナをしまってしまい、主人の命令通りに行動できない人間の弱さを知ることができます。悪いしもべは主人のことをきびしい、おそろしい方だと言いました。そしてその言葉通りに悪いしもべはさばかれます。
私たちは主イエス様がどのような方であるのかを知り、聖書の言葉が信仰に結びつけられているのかが大切です。神は愛であり、正しい義なる方です。主人は10人のしもべに各1ミナと同じものを与えてくださいました。主は私たちに様々なものを平等に与えてくださっています。身近なものでは聖書、時間などです。その与えられたものをどのように用いるのかは私たちに任せられています。主人との良好な関係によって、しもべは長期にわたり、与えられたものを活かすことができると信じます。良い関係を保つには、共に時間を過ごす必要があります。主イエス様との時間を確保し、聖書を読み、祈りと賛美、主に心を向けることを通して、良い関係を持つことができます。与えられたものをしまっておく者ではなく、小さなことに忠実である者として過ごせますように。



2020.2.9 久保量生師
「弟子の足を洗われたイエス」 ヨハネ13:1~17

イエス様は十字架にかけられ人類の罪を贖い死なれる前日に愛する12弟子と最後の晩餐の時をもたれました。そして途中で何と夕食の席から立ちあがり上着を脱いで手ぬぐいを取って腰に巻き水をたらいに入れて弟子たちの足を洗い手ぬぐいでふき始められたのでした。驚いたのは12弟子です。なぜならば足を洗う仕事は家で言えば主人に仕えるしもべがすべきことであったからです。
なぜイエス様は弟子たちの足を洗われたのでしょうか。それは第1にイエス様が深く弟子たちを愛していたからです。1節を見るとイエス様はこの世を去って父のみもとに行く時が近づいたことを知ったので彼らに最善の愛を示されたのです。第2に出世争いをしていた弟子たちに対して神の前に高くされる人とは決して高慢になることなくへり下って隣人に仕える人であることを弟子の足を洗うという実物教育によって示したかったからです。弟子たちはイエス様から足を洗って頂いたことを一生涯、忘れることなく謙遜な心で主と教会に仕えていく者に成長していったことでしょう。
第3にキリストの弟子にとって大切なことはお互いに愛し合い仕え合うことであることを教えたかったからです。「しかし、主であり、また教師であるわたしがあなたがたの足を洗ったからには、あなたがたもまた、互に足を洗い合うべきである。わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたがするようにわたしは手本を示したのだ。」(14~15節)と主は言われます。私たちクリスチャンはイエス・キリストを救い主と信じる者ですが、同時にイエス様の生き方を模範として見倣って生きる者です。キリストの血によりきよくされて、神と人に真心から仕えていきましょう。



2020.2.2 久保量生師
「アブラハムの信仰」
創世記22:1~14、へブル11:8~19

イスラエル民族の先祖であり偉大な信仰の父と言われるアブラハムの生涯から多くのことを教えられます。まずは創世記12章1~3節において神様はアブラムに「あなたは父の家を離れてわたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民としあなたは祝福の基となる。地上のすべての民族はあなたによって祝福される。」との命令と約束を与えて下さいました。するとアブラムは75歳の高齢でしたが奥さんやおいのロト等と共にカナンに向けて旅立つのでした。この神への従順が彼の人生を大きく変えていきました。約束の地カナンに入ってからも彼は神への信仰をもって生活しました。創世記17章において神は再び99歳になったアブラムに現れ「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み全き者であれ。あなたは多くの国民の父となる。あなたの名はアブラムからアブラハムとなる。わたしはあなたの子孫をおびただしくふやす。」と約束して下さったのです。しかしながら彼の妻のサライは不妊の女で高齢でしたので子供が産まれることは無理な状況でした。けれども神様のご介入によって約束の子のイサクが誕生したのです。大きな喜びがアブラハム家に与えられました。
さてイサクが成長していく中で神様はアブラハムに最大の試練を与えられたのです。それが創世記22章であります。神様はアブラハムに「あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、全焼のいけにえとしてイサクをわたしに献げよ。」と命じたのです。大いに悩んだアブラハムでしたが彼は神に従う道を選びイサクを献げることを決心し服従するのです。神様は彼の信仰の従順を認めてイサクの代わりに雄羊を献げるようにされたのでした。ハレルヤ。
私達もアブラハムの信仰に倣い神様に忠実に従いましょう。



2020.1.26 久保量生師
「愛の賛歌」第1コリント13章

使徒パウロは聖霊の賜物についての理解の違いや分派活動や不品行の問題のあるコリント教会の信徒に対して、彼らに最も欠けている点を指摘し正しい信仰へと導き、健全な教会になることを願ってこの手紙を書きました。
特に彼らに最も必要としたことは、神の愛を中心とする生き方でした。パウロは「たといわたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。」と告白しています。ここで使われている愛という言葉はアガペーというギリシャ語で神の絶対的で無条件な愛という意味があります。この13章に記されている愛はすべてアガペーの愛なのです。永遠に変わらない愛なのです。この神の愛、キリストの贖罪の愛を毎日頂いて生きることが人間にとって最も大切なことであります。
 この神の愛を受けていくと人は寛容な心、情深い人になるのです。高ぶらず謙遜な人になるのです。自分の利益ではなく隣人のために尽くす人に変えられていくのです。そして忍耐強い人になり神に信頼して前向きに生きる人になるのです。キリストの十字架の犠牲の愛に感謝して生き、天国の希望をもって生きる人になれるのです。
パウロは「いつまでも残るものは信仰と希望と愛である。このうちで最も大いなるものは愛(アガペー)である。」と明言します。私たちにとっても神への信仰は大切です。また将来に向かって希望をもつことも大切です。しかし、それらに優るもの、それが神の愛であると教えるのです。パウロはキリストにある神の愛から離れることなく、その愛の力によって生かされたのです。私たちもキリストにある神の愛に生かされて隣り人を心から愛していきましょう。



2020.1.19 久保献一師
「御霊か肉か」ローマ8:1~11


今日の聖書箇所では御霊、肉について書かれています。御霊は聖霊なる神様と同様です。天地創造のはじめ、地に形がない時、神の霊が水のおもてをおおっていたところに神の言葉が発せられ、創造のみわざが始まりました。一方、肉は最初の人アダムから受け継がれている人間の罪の性質です。創世記6章において主が人の一生を120年にしようと定められた時、「人は肉にすぎない」と言われました。ガラテヤ5章には、御霊と肉について対比して書かれています。御霊か肉かを考える時、人は肉の性質を一生涯持ちながら歩みます。しかしイエス・キリストを信じることによって御霊が私たちの内に住んでくださいます。クリスチャンになるとこの両面が私たちの内に存在しているので戦いがあります。ローマ人への手紙の著者パウロはローマ7章にて、肉にある罪に対して葛藤する自分の姿を描写しています。イエス様を信じ善行を試みても悪を行なってしまう現実を知り、自分自身の内に罪があることを気づきます。私たちは罪を犯してしまうと、神様の前に申し訳なく思うことと、自分自身に対して失望し、責めることがあります。自責は何からくるのでしょうか。自力では罪を犯してしまう経験や無力さではないでしょうか。しかし、聖書にはイエス・キリストの十字架の血によって罪がゆるされ、神との平和をもたらすことが約束されています。そして御霊はイエス様の十字架の死と葬りと復活の後、ペンテコステの日に注がれました。皆さんが自分の肉にある罪を日々、十字架につけ葬り去り、イエス様が復活されたように、クリスチャンのうちに住まわれる御霊が豊かに働いてくださいますように。御言葉の約束を信じて歩めますように。



2020.1.12 久保量生師
「クリスチャン生活とは何か」ローマ12:1~18

パウロはローマ人への手紙1章から8章において私たち罪ある人間が神の前に義と認められ救われるためには自分の罪を悔い改めイエス・キリストの十字架の贖罪を信じることを語り、バプテスマによる祝福を語り、勝利ある信仰生活をするためには聖霊の満たしが必要であると語ります。  次に9章から11章においてはイスラエルとの関係について語り、本日の12章においては「クリスチャン生活とは何か」と具体的に教えていてどれも大切な内容です。
12章1節では私たちクリスチャンは霊的な礼拝をするように教えます。身も魂も神に喜ばれる生きた聖なる供え物として献げよと語ります。すなわち神への献身の思いをもって真心からの礼拝をせよとの教えです。また2節では、この世と調子を合わせないこと、妥協しないで神の御心をよく知ることが語られます。3節から5節において私たちはキリストのからだの一部分であることが語られ、6節からは教会における具体的な奉仕の内容について列挙していきます。そして神から戴いたいろいろな賜物を充分に使って神と教会に奉仕するようにと勧めるのです。(預言、奉仕、教え、勧め、寄附、指導、慈善など)
9節からは、愛に満ちた人間関係をつくり実践するようにとの具体的な勧めです。10節では兄弟をもって愛し互いに尊敬すること、11節では霊に燃えて主に仕えること、12節では患難に耐えよく祈ること、13節では貧しい聖徒を助けること、14節では迫害する者をも祝福すること、15節では喜ぶ者と共に喜び泣く者と共に泣くこと、16節では高ぶらず謙遜になること、17節では隣人に善を図ること、18節では、すべての人と平和に過ごすことが勧められています。私たちも、隣人を愛する生活に言葉と行動で励みましょう。



2020.1.5 久保量生師
「キリストの福音に生きる」詩篇1篇/ローマ1:1~16

宗教改革者のマルチン・ルターは「ローマ人への手紙は新約聖書の中心部分をなすものであって最も純粋な形で福音について書き記したものである。」と述べていますがその通りでありまして、イエス・キリストの福音による救いの教理が系統立てて順序よく書かれています。
1章1節から6節までがローマの教会に対する自己紹介です。パウロは自分のことをキリストのしもべ、神の福音のために選ばれ使徒として召された者であることを伝えています。そして福音の主人公であるイエス・キリストは旧約聖書で預言されていた約束のメシヤ(救世主)であり、神の御子であることを宣言するのです。そしてローマ教会の人々が熱心に福音の宣教に励み各地に広がっていることを感謝するのです。そのようなローマ教会に道が開かれて行くことができるように、そして彼らの信仰を力づけたいとパウロは熱望しているとも語り、さらにローマ人に対して福音を宣べ伝えたいとも述べるのです。
パウロにとってキリストの福音は、すべて信じる者に救いを得させる神の力でありました。彼はキリストの福音こそが、自分を変え人類を救う唯一絶対のものであると確信していました。福音とは神からの救いの良き知らせであり、キリストが私たちを罪から救うために十字架に架かり死なれたこと、そして死んだ後、3日目に復活したことを信じることによって罪の赦しと永遠のいのちを頂くことができる神の救いであります。私たちクリスチャンも尊い救いに入れられていることを感謝しキリストの福音を多くの人々に宣べ伝えていく使命が与えられているのです。イエス様は「全世界に出て行ってすべての造られたものに福音を宣べ伝えよ。」とすべてのクリスチャンに命じておられます。



2020.1.1 久保量生師
「神の愛を戴き互いに愛し合う」第1ヨハネの手紙4章7〜16節